正しい知識と、愛のある行動

昨日、こんな記事をFacebookにUPしました。
・・・・・
今朝早く、仔猫を保護しましたという相談が入りました。
母猫が置いていったらしき7兄妹でみんな氷のように冷たく、
まだ母猫の胎盤がついていました。
1匹はすでに動かなくなっていました。
急いで乳飲み子専属の預かりさん宅へ連れて行き
あたためながらミルクを飲ませて病院へ。
しかし午後になって、さらに1匹の子が亡くなりました。
c0268274_14471798.jpg
残る5匹はミルクも飲んで、今は落ち着いているようですが、
まだまだ予断を許しません。
どうか無事に育ちますように(>_<)

この時期まだまだ仔猫が生まれています。
この子たちの母猫は子どもたちを置いて戻ってきませんでしたが、
母猫がたまたまご飯を食べに行っていて留守にしていたり、
仔猫たちを移動させる最中だった、という場合があります。
その間に人間が仔猫をみつけて保護してしまう
というケースがありますので気をつけてください。

だからといって放置しておくと、
生まれたばかりの仔猫は半日でも放置すると
低体温・低血糖になって死んでしまいます。
ですから、乳飲み子を見つけた時の保護のタイミングは
とてもとても難しいのです。

まずは仔猫の様子を見て、
元気に鳴いているようなら母猫がそばにいないか、
遠くからしばらく見守ります。
(近くにいると警戒して母猫は出てきませんから)
しばらくしても母猫がこないようなら、すぐに仔猫たちを保護します。
見たときにみんな動かないようならすぐにでも保護します。

段ボールにタオルを敷いて、
ホッカイロや、お湯を入れたペットボトルをタオルでくるんだものを入れ、
とにかく保温してください。夏でもとにかくあっためてください。
それからスポイトかシリンジでミルクを飲ませます。
スーパーなどに仔猫用ミルクが売っていますので、
人間用はあげないでください。
仔猫用ミルクがすぐに用意できないのであれば、
とりあえず1:1の砂糖水でもいいです。
ミルクを飲ませたら、
湿らせたガーゼかティッシュでおしりのまわりをポンポンと刺激して
排せつをうながしてあげます。

とまぁいろいろ書きましたが、
まずは動物病院に連れていくのが一番いいです。
子猫はすぐに体調を崩しますので、
プロのアドバイスをもらうのがよいです。

今回のように、まずはわたしたちのようなボランティアに相談するのもよいです。
今はどこのボランティアさんも仔猫を抱えていっぱいいっぱいですので
丸投げするのはよくありませんが、相談はできます。

仔猫の命を助けるのは時間が勝負です。
迷う前に、すぐに行動してください。
えいっと保護してしまえば、あとはなんとかなるものです。
・・・・・

UPしてから半日で2000を超えるリーチがありました。
通常よりも多くみなさんの関心の高さがうかがえます。
コメントの中に「正しい知識と、愛のある行動ですね」というものがあり、
そのとおりです!ととても共感しました。

こういった行動の根底にあるものは基本「愛」です。
子猫がかわいそう、助けたい、放っておいたら死んでしまう。

でも、相手は命です。しかもとても小さくて繊細な仔猫。
そこにどんなに愛があっても、間違ったやり方をすれば、
逆に命を落としてしまうこともあるんですね。
助けたいと思ってしたことで逆に死なせてしまったとしたら…
仕方ないことですが、とてもショックですよね。

たとえばミルクのあげ方でも、きちんとしたやり方を知らずに
誤嚥させてしまうと肺炎を引き起こし苦しませることになります。

わたしは今まで目の前の子を助けたい一心で勉強もろくにせず、
現場での経験と経験者のアドバイスだけでやってきましたが、
きちんと勉強して知識を入れていくことも大切だと痛感しました。

とはいえ現状知力体力ともにオーバーヒート状態なので
如何ともしがたいのですが…涙

わたしはいつも猫の件で相談を受ける立場です。
これまでの経験と見聞きしたことをもとに
お話させていただきますが、それが正しいとは思っていません。
少しでも悩んだらすぐTさんたちに相談します。
生き物のことですから答えはひとつではありませんし、
その場での判断をしていくしかないのです。

日々勉強。悩みながらの活動です。


↓乳飲み子がきましたので、ホッカイロが足りていません。
今の時期、お店には売っていないので…涙
ご支援いただけますと助かります。いつもすみません。

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
Commented by 矢羽 at 2015-06-25 21:49 x
えいっと保護してしまえばなんとかなる。それがいい。
無責任とは一線を画す潔さ。
お金とか、預かりさんがとか、子猫には関係なくて
人間の事情だものね。
by musashino-cat | 2015-06-25 15:27 | 保護・譲渡活動 | Comments(1)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧