保護猫カフェは終わりにします。

4月15日にOPENしたばかりの保護猫カフェを引き上げることになりました。
ちょうど2カ月後となる6月15日に閉店します。
今カフェにいる子たちは閉店後1週間以内で預かりさん宅へ移動させます。

ここでもお知らせしましたが、
GW明けの5月後半に、りくとこうたが
FIP(猫伝染性腹膜炎)で亡くなりました。

その後、フロアに出て2匹と接触のあった全員にFIPの遺伝子検査をしました。
結果、アピちゃんとカノンくんが陽性でした。ほかの子は陰性。

現在アピちゃんは預かりさんのお宅で、
カノン君はみんなと別のお部屋で過ごしています。
アピちゃんは、ウイルスが大変微量でこのくらいの量は健常猫でもみられるため、
今後爆発的に増える可能性があるものの、今後のモニタリングが必要、という結果。
つまり、1ヶ月くらいこのまま元気にしていれば再検査をしてみてもよい、というものでした。

2匹は今も元気にしています。
アピちゃんはもちろん、カノンもきっとFIPを克服してくれると信じています。

FIP(猫伝染性腹膜炎)はまだまだ解明されていない病気です。
猫なら半分の子が保有しているというコロナウイルスが突然変異して発症し、
ワクチンはなく、発症してしまったら治療法もなく、致死率ほぼ100%と言われています。
発症の原因はいろいろ考えられていますが、ストレス、と言われています。

りくも、こうたも、アピも、カノンも、みんな人馴れしていました。
いきなりカフェにきても物おじせず、すぐに環境に馴染んでいるように見えました。

でも、彼らにとっては大変なストレスだったのだと思います。
いきなり知らない場所、知らない猫、
大勢の人間が出たり入ったり。
毎日休みもなく。

馴染めずに逃げ隠れしていた子は
フロアに出ずにケージにいましたから大丈夫だったのに
人馴れしている猫は、フロアでお客さんの相手をしました。

いつも見ているうちの子や保護猫たちを見ていれば、
ちょっと考えればすぐにわかったはずだったのに
気づいてあげることができませんでした。

勉強不足、経験不足。
なによりも、人間優先で考えてしまったこと。
その代償がかけがえのない、たったひとつしかない、命でした。
その場所にこれから新しい保護猫を迎えることはできません。

お店が「カフェ」である以上、
お客さんを入れないといけないし、存続させるために売上も必要です。
でもそのために、猫たちに無理をさせるわけにはいきません。
なんのためにやっているのか、わからなくなります。

わたし個人では、もうできませんでした。
そして「むさしの地域猫の会」としての判断も、同じでした。

ここがきゃりこさんの運営である以上、
会で勝手にやり方を変えていくわけにはいきません。
意見もやはり食い違いました。
改めてオーナーと話し合い、提携を解除しました。

きゃりこさんとしては、今後も保護猫カフェを続ける意向だそうです。
今回の教訓を活かし、保護猫の性格を理解したうえで改善していただき、
誠心誠意、たくさんの猫たちを助けていっていただきたいと願っています。
そして猫カフェの猫たちにも、少しはお休みをあげてほしいと思います。

今いる子たちは、ようやく今の環境に馴れ、
みんなフロアでのびのびとくつろいでいます。
その姿を見ていると、
またこの場所を追いやってしまうことに罪悪感を感じずにいられません。

みんな一度は居場所を失くした子たちです。
なのにまた、わたしのせいで居場所を失くします。
あの子たちをみんな引き取って、またみんなで楽しく過ごしたい。
でも、そんなわたしのセンチメンタルな望みはもう叶いません。

これからできるだけみんなの家族を探し、
できなければそれまで安心して過ごせる場所を確保します。
それがみんなでにできる最後のことです。
ごめんね、みんな。

そして応援してくださったみなさま。
ご心配をおかけしているみなさま。
本当にごめんなさい。そしてありがとうございます。

わたしはこのあと、最終日15日(水)にお店にでます。

いつの日か、
保護猫たちが里親さんの元に行くまでの一時的な居場所、
保護猫たちのことだけを考えて作った居心地の良い空間、
つまり保護猫シェルターを作りたいと考えています。

ご賛同いただけるスポンサーさん、
もしいらっしゃればご連絡お待ちしています。


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
Commented at 2016-06-11 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-11 23:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-06-12 20:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by musashino-cat at 2016-06-12 23:36
R・Kさん

カフェは12~20時までです。
場所は吉祥寺駅南口を出て右側、日高屋のあるビルの4階です。
Commented at 2016-06-13 06:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by musashino-cat at 2016-06-13 12:19
あやさん
ありがとうございます。わたしも、保護猫カフェはうまくできれば、とてもいい場所だと今でも思っています。今回は保護猫カフェではなく、猫カフェの方法でやってしまったためだったと考えています。今ではお店の子も元気いっぱい穏やかに過ごしています。
おっしゃるように、違った形でまた大人猫たちの出会いの場、居場所を作りたいと思っています。そのときはぜひ遊びにきてくださいね♪
Commented by musashino-cat at 2016-06-13 12:22
ぱんさん、nekobellさん
いつもありがとうございます。
この保護猫カフェは人に流されて始めてしまったのがよくなかったと反省しきりです。もっとちゃんと、責任をもってやるべきでした。たくさんの人に手伝ってもらって応援してもらって猫たちもようやくのびのびしてきたのに…。
でもきっと、次に活かします。また応援してくださいね!!
Commented at 2016-06-14 12:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もよ at 2016-06-14 15:30 x
いつか行ってみたいと思いつつ、行けずじまいでしたが、ブログを読むたびに店長さんの愛情や手間暇をかけている姿勢に温かい気持ちになっておりました。
正直で言い訳のないブログに心打たれます。きっと病魔に襲われた猫ちゃんたちや、この先を真剣に考えられた結論なのだと思います。
みんなで暮らしたい、そんなセンチメンタルな思いを振り切って猫ちゃんたちの幸せを選んだこと、命への責任を一身に背負われた日々を尊敬いたします。
Commented by Izu8Mayu3 at 2016-06-16 10:55
初めまして。自分の近所の猫カフェに時々お邪魔している者です。私もそちらにいつかお邪魔したいと思っておりました。
猫カフェ運営の大変さは、伺う店長さんを見ていてつくづく感じます。ご心労をお察しします。
アピちゃんとカノン君が克服してくれる事を心より願っております。他の保護猫達も早く温かい家族が見つかりますように!
閉店されるのは残念ですが、体も気持ちもゆっくりお休みされて下さい。本当にお疲れ様でした。
Commented at 2016-06-16 20:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by musashino-cat | 2016-06-11 02:34 | 保護・譲渡活動 | Comments(11)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧