FIP陽性だったアピとカノンのこと

チロちゃん募金にご連絡いただいたみなさま、
ありがとうございます。
振込先をメールにてお送りさせていただいております。
ご寄付の報告やチロちゃんのことはこのブログでお知らせいたします。


さて今日は、保護猫カフェにいたアピとカノンのことです。
c0268274_19344648.jpg
アピ
c0268274_19344683.jpg
カノン

5/20の検査でFIP陽性だったアピとカノンですが、
1カ月後の6/20の再検査でなんと陰性になっていました!

これは本当にめずらしいことで、
先生も驚いて検査機関に問い合わせをしてくださいました。
FIPウイルスというのは、コロナウイルスが激増してなるもので、
通常は腸管内にいるコロナウイルスが増え
血液中にまで浸食してしまうとFIPと判断されるようです。
5/20の段階ではそこまで増えていたのですが、
その後、体調が安定し免疫力でコロナウイルスを抑えたので
陰性になったのでは、との見解でした。
いずれにしても陰性でしたので隔離の必要もなくなり、
今は元の飼い主さんのお宅に戻っています。

アピとカノンのことは過去の記事をご覧ください。

アピは健康で懐っこい子なので、里親さんを探します。
譲渡会などにも参加します。
カノンは、血液検査の結果、腎不全でした。
今は飼い主さんのもとで穏やかに暮らしています。
今後どうするかは、様子を見ながら考えていきます。

現在、その方のお宅に戻った子は4匹。
自宅療養中のその方も、20匹以上は難しいですが
4匹ならば面倒を見ることができます。
高齢で病気の子、
目が見えなくて臆病な子などは、
新しい環境にいくよりも穏やかに暮らせるでしょう。
c0268274_23551635.jpg
こんなにいたら療養中では無理です。

ほかの子たちは譲渡され新しい里親さんのもとへ。

両目の光を失った仔猫は入院中の病院の看護師さんの家族になりました。

問題があってケージ生活を強いられていた
アビじぃと光君は、
それぞれ預かりさんのお宅へいくことができました。
c0268274_20080461.jpg
c0268274_20064061.jpg

つづきます。



★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
Commented by 矢羽 at 2016-06-28 09:21 x
早くに決断してストレスをとりのぞく対処をしたのがよかったんだと思う。よかった。
by musashino-cat | 2016-06-27 20:10 | 保護・譲渡活動 | Comments(1)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧