アビじぃと光君、その後。

かなり引っ張ってしまいましたが、
アビじぃと光君のことについて書きます。

まずは、アビじぃ。

c0268274_20080461.jpg
アビじぃは、目が見えません。
彼は元のお家でずっとケージ生活でした。
理由はスプレーがひどいから。
そりゃそうです。去勢手術もしてなくて、まわりにはたっくさんの猫がいるんですから。
壁だろうとなんだろうと、とにかくおしっこをかけまくるのでケージに入れられました。
そこでいったい何年過ごしてきたのでしょうか。
わたしたちが入ったときにはケージの下の段は糞尿まみれで居場所がなく、
ケージの2段目をずっとずっと、うろうろ歩いていました。

一時保護部屋に移動しても基本的にはケージに入ってもらっていました。
お世話をするスタッフがきたときだけケージから出て楽しそうに歩いていました。
去勢手術をしてスプレーも少しは減りましたがやはり治りません。
これからどうしよう。そう思っていたときに、
チロちゃんの預かりもしているIさんが「ウチで預かるよ」と声をかけてくださいました。

そういうわけでお届けした日にIさんからきたメールがこちら。
夕方連れてきてもらい用意した2段ケージに入ってもらったのですが、
出たくて出たくて大鳴きで水もご飯もトイレもひっくり返して大騒ぎなので、
もう、どうぞどうぞご自由にとケージの扉を開けっ放しにして好きにさせました。
ずーっと歩き回ってスプレーしまくって、今さっきやっと落ち着いたのか部屋のど真ん中で寝転んでます。
他の猫との衝突はないので、こんな感じでやっていきますね。
お世話していたスタッフみんな喜びました。
思わず笑ってしまったり、感激して泣いたり。

その後Iさんのお宅にいったときに見たアビじぃは
ほかの子と同じように自分の好きな棚に収まってこちらの様子をうかがっていました。

アビじぃは自由になりました。



そして、光君です。
c0268274_20064061.jpg
光君は、どこも悪くない、健康な子でしたが、
アビじぃと同じようにケージ生活をしていました。
ケージで隔離されているのだから白血病キャリアなのかも?と心配しましたが陰性。
年齢は5才か6才。小さい頃に保護されてからずっとケージだそうです。
後々聞いた理由は「出すとほかの子にいじめられるから」「ケージにおとなしく入っていたから」
そんな理由で光君はその生涯のほとんどをケージで過ごしてきました。

保護されたあとの光君は人がいるときに自由にしていましたが、
たしかにほかの猫にシャーシャー言われていました。
彼は外の世界がうれしくて楽しくて、テンションがあがって走り回ります。
それがほかの子にはうるさいようで、叱られてしまうのです。
幼いころにほかの子と一緒に過ごす訓練ができていれば、
こんな風にならなかったでしょうに、と思います。
そしてやはり去勢手術をしていなかったので、たまーにスプレーやトイレの失敗をしました。
今ではほとんどなくなりましたが、そんなこともあって、行き場に困っていました。

ネットで預かりさんを募集してしばらくしたころ、
Yさんから連絡をいただきました。
最初のメールで、ご自身の状況やお気持ちをきちんと書いてくださり、
なおかつ光君の立場で考えてくだっていて、とても信頼できる方だなと感じました。
去年開催した「ニャンポジウム」に来てくださり
それからこのブログも読んでいただいていて、
光君のことがずっと気になっていたのだそうです。
なんて素敵なご縁なんだろう、そう思いました。

そうしてYさんに光君を託すことになり、昨日、光君をお届けしてきました。
わたしは別のお届けがあり一緒に行けなかったのですが、
今頃光君、新しい環境に少しは馴れているかなあ?
うまくいってくれるといいのですが。


さて、長くなりましたが、
アビじぃと光君は自由な居場所を見つけることができました。

今回の件は本当に大変でした。
いろいろな苦労や問題があり、医療費も途方もなくかかりました。
なおかついまも終わっていません。

飼い主さんは退院され、家もリフォームしました。
きれいになった部屋に戻った子がいます。
腎不全だったり腫瘍だったり、さまざまな病気を抱えた子たちのケアの問題や、
まだまだ里親さんを募集している子もいます。
預かりさんのお宅に行った子たちも里親さん募集中ですが、
高齢で体調に問題のある子を迎えてくださる里親さんはなかなかいません。

元の飼い主さんはたくさんの高齢猫の面倒を見ることは難しく、
この子たちにはこれからもずっと、関わっていくことになります。
医療にかけることが必要になれば、
会として面倒を見ていくしかないと思っています。
どこまでできるのか、今はわかりませんが、
あの子たちができるだけ快適に穏やかに過ごせるように見守っていきます。




★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-07-03 16:21 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧