保護は悩みます。

今日保護部屋のお掃除にいったのですが、
行ってみたらなんだか小さい子がいました。
c0268274_00225887.jpg
おそらく5~6ヶ月のこの兄妹は、
うちの会の活動範囲とは離れた場所の子たち。
手術を終えて、元の場所に戻る予定でした。
こんな時期に…か。

この子たちの母親というのがとてつもなく頭の良い猫で
5年間、誰にも捕まえられなかったのだそうです。
そこで名人が呼び出されようやく捕まったのだとか。
その間母猫は10回出産しました。
それじゃあそこにはたくさん猫がいるんですね?と聞くと
子猫たちはみんないつの間にかいなくなる、というのです。

いなくなる…。

優しい人が連れて行って家に入れてくれている?
そう思えればいいのですが、つらい情報ばかりが耳に入ってくるわたしたちには、そうは思えないのです。
でも、その先は想像もしたくありません。
名人もその話を聞いていて気持ち悪くなったと言います。

そんな場所にこの小さい兄妹を戻す…。
お世話をしてくれる人はいるんだけど…。

わたしはお掃除に来たのに、
この子らのことばかり考えてほとんど働かず…。
(ほかのふたりがしっかり掃除してくれました!)

子猫と言うにはちょっと大きいし…
黒ちゃんとサビちゃん…かわいいんだけど譲渡会では人気イマイチなんだよな…
と、打算的なことを考えてしまうのですが…(いやだなぁ…)

結局Iさんに事情を説明して預かりをお願いすることにしました。

凶暴性はないけれどもシャー言います。
でも、ご飯をがつがつ食べてお水も飲んでトイレもして。
兄妹ひっついてウトウトしている姿を見たら、
お家の猫として穏やかに暮らしてほしいなぁと思ってしまい…。
こうしてまたみなさんに迷惑をかけながら保護してしまうのです。

ちなみに母猫さんは元の場所で暮らしていきます。
異常に頭がよいので人間には捕まらないし(名人以外には)
かなり凶暴でおそらく保護猫生活は無理ですし本人も望まないでしょう。


ふぅ。

余談ですが
今年も行けなかったなぁ。
ちよだ猫まつり。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-02-20 00:55 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧