ジンくんのおはなし。後編

ジンくんファンの方、お待たせしてすみません、後編です。

肥大型心筋症であることがわかったジンくん。
里親希望のFさんにはありのままをお話ししました。
預かりWさんもわたしもほとんどあきらめていました。

しかし、その日の夜メールが届きました。

あらためてお申込をしたいこと
同じ病気で亡くした子の分までケアしてあげたいこと
すでにジンくんを「うちの子」としてみてくださっていること

まさかと思っていたので、その場で「うそでしょー!」と叫んでしまいました。

そして最初の予定通り、次の週末のお届けとなりました。

ジンくんすごいよ、あなた、なんて強運なの!



さて、そんなこんなで今日ジンくんをお届けしてまいりました。

すてきな3階建のお宅
表札には猫さんのシルエット
玄関にもあちこちに猫のものが飾ってあり
どこをどう見ても猫好きです(*^_^*)

メインのお部屋となる2階にはすでにジンくんのコーナー
c0268274_12502807.jpg
立派なケージ、新しいタワー(階段付)
トイレコーナーの上の陽当たり抜群の窓辺にはお昼寝用のベッド
トイレは3つもあり、食べやすいように高さのある台の上のご飯スペース
ジンくんのためにとあたたかくしてくださったお部屋

こ、これは…完全猫仕様のお宅だわ!!
しかも奥さまは在宅勤務が多くほぼお家にいるそうです。
ジンくん玉の輿だね!とWさんと言い合いました。

当のジンくんはさすがの大物ぶりで、部屋の中を散策。
持参したおもちゃにちょいちょいしたり
早速甘噛みしてみたり
お腹を撫ででもらったり

ジンくんの検査のことや譲渡の流れなどを説明して帰る頃には
あったかいふわふわの上から動こうとしません(^_^;)
c0268274_12502733.jpg
あ~ここ極楽やわ

前にも書きましたが里親さんは年末から24歳と25歳の猫さんを続けて看取っています。
あまりにも悲しくてしばらくは新しい子を迎える気はなかったといいます。
でも、譲渡会でジンくんと出会いご夫婦ふたりともずっと気にしてくれていました。

ジンくんを家族にと決めてから
先住さんたちのずっと片付かなかったものを整理することができました、
と言ってくださいました。
そうでなかったらずっとあのままだったかも、と。

そう話すご夫婦の表情は明るく、
ジンくんがきっと癒しになってくれるだろうと感じました。


というわけで、ジンくんはトライアルに入りました。

元気モリモリの若い猫ではないので、これからなにがあるかはわかりません。
無事に正式譲渡になってほしいですが、
こればかりはなるようにしかなりませんからね。
みなさまゆるりと見守ってください。


ジンくんのお話しに長々とお付き合いいただきありがとうございました。
ジンくんのその後のお話しでまたお会いしましょう~



c0268274_12502731.jpg
帰り道、井の頭公園には早咲きの桜?がきれいに咲いていました。

早くあたたかくなって、外で暮らす子たちに気持ちの良い季節になりますように。

生まれてくる子猫たちによろこびがありますように。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
Commented by アパ at 2017-03-04 16:57 x
えっえっ(泣)
今じーさんの血液検査で嫌な展開になってしまい
ふさぎこんで帰ってきたところです。
またもや絶望が私を襲っていたのですが
ジンくんのこのお話に元気が出てきました。
泣いてしまいました。
なんと素敵な方々のところへ!!
私も読んで「うそでしょー!!」とつぶやいて
しまいました。
いや、本当に素晴らしいご縁ですよね。

まずはトライアルですよね^^
それこそ何があるか分かりませんが
ジンくん さすがやわ~
どの子もそうですが幸せになる権利は
ありますもの。
ジンくんには特に感情移入しちゃいましたが・・・

素敵なお話ありがとうございました
お忙しいのに急かしてしまいごめんなさい。
Commented at 2017-03-05 09:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by musashino-cat at 2017-03-05 09:19
アパさん

ジンくんのこと、よろこんでくださってありがとうございます。
かれはこれ以上ないくらいに良い環境にいます。

じーさんも、これ以上ないくらいに良い環境にいると思います。
ばななさんが書いてましたが、かれらにとってはご飯を食べることのほかに望んでいるのはそばにいること、だそうですから。
病気やら高齢やらで捨てられたであろう猫をたくさん見てきました。それはとても許せないし無くしたいことだけど、仕方ないのかもと思うこともあります。
Commented by musashino-cat at 2017-03-05 09:21
ぱんさん

今後の治療については里親さんにお任せしようと思っていますよー
信頼できる先生がいらっしゃるようですし^^

アビシニアンて、もしや飼い猫じゃないんですかね??
by musashino-cat | 2017-03-04 16:20 | 保護・譲渡活動 | Comments(4)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧