取り残された猫たちの新しい家族を探しています。

飼い主さんが倒れ、
取り残された猫たちの新しい家族を探しています。
c0268274_20294847.jpg
c0268274_20294802.jpg
c0268274_20294804.jpg
c0268274_20294725.jpg
c0268274_20294726.jpg
飼い主さんが脳梗塞で倒れ、9匹の猫が残されました。
殺処分が決まっていたのですが、それよりはマシだと野に放たれる事になり、すでに4匹は出されてしまったそうです。
残りの5匹がこれから…というのを知り、なんとか間に合いましたので保護してもらいました。

全員よく慣れていて、おっとりしています。
全て避妊、去勢、ワクチン済み、ウイルス検査の結果は陰性です。
5枚目のキジトラの子は男の子で、あとはみんな女の子です。
まだあどけない顔をしているので、多分皆、一歳位ではないかと思われます。

お問い合わせは↓こちらまでお願いします。


これは近隣地域での出来事ですが、当会のボランティアが相談を受けました。
外に出されてしまった4匹はまだ見つかっていないようです。
どこかでご飯を食べられていればいいけど…。

この子たちのような猫はきっと全国にたくさんいるはずです。
なんとかできないものか…。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
Commented by ぽんぽこ at 2017-03-08 13:13 x
これはペットの遺棄には当たらないのでしょうか。こういう話はよく聞きますけど、「殺処分よりマシだから外に出す」って遺棄ですよね。それ以前に殺処分が決まっていたというのは、どこで殺処分する予定だったのか、殺処分ゼロの掛け声だらけの東京で不思議に思います。
Commented by musashino-cat at 2017-03-08 16:52
ぽんぽこさん
おっしゃる通り、これは遺棄になると思います。
この件については詳しく聞いていませんが、こういう話は自分たちの地域でもありました。
こういった件で現場にいくのは市の福祉課の職員やヘルパーさんなどです。緊急入院になってそこに猫がいた。さてどうするか?役所で引き取るわけにはいかない、引き取ってくれる人もいない。部屋に置き去りにもできない。で、結局、外に出してしまうわけです。
殺処分というからには保健所、センターでしょう。そこへ連れて行けば即殺される。でも外に出せば助かる道があるかもしれない。それはそこにいた人たちの優しさなのかもしれません。
おまわりさんでも遺棄が犯罪だと知らない人も多いです。ただ、犯罪だと思っても、やってしまう人もいるでしょう。これはとても難しい問題です。正解もないと思います。
わたしたちボランティアはこの問題に今さらされています。
by musashino-cat | 2017-03-07 20:36 | 保護・譲渡活動 | Comments(2)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧