市役所との打ち合わせ

3月も終わろうとしています。
武蔵野市役所で今年度の報告と次年度のことを話し合ってきました。

まず、武蔵野市民からの猫に関する相談・苦情の数は減っているそうです。
会に直接の相談も、減っています。
(市外の方からの相談が増えていますが…)
地道に地域猫活動をしてきた成果ですかね~と言い合いました。

相談対応について本当は1件1件きちんと記録に残して、データ化すべきなのに、できていません…。
次年度以降の課題にしたいと思っています。
現在会への相談はわたしが一手に引き受けていますが、
データ化してマニュアルのようなものを作れれば今後数人で対応できるかもしれませんし。
この活動が専業にできればできるのになぁ…なんて思ったり。

それから大事なことを確認してきました。
2015年度の動物愛護相談センターからの報告です。

2015年度、武蔵野市からの猫の引き取りは子猫が1匹。
負傷収容は成猫2匹、子猫1匹。

引き取りの子猫1匹…。

この子猫がどこから持ち込まれたのか。
市役所と警察署には猫のことは会へ渡してくださいとお願いしてありますから
おそらく個人の方が直接センターに持ち込んだのではないかと思われます。

センターでは武蔵野市から引き取りがあったら連絡していただく、ということはできないそうです。
(この部分は今後なんとかできる方法があるかもしれませんから考えていきたいです)

子猫1匹ならば、わかっていれば、会に相談があれば、助けることができました。
とてもとてもとても悔やまれます。

もちろん全部を助けられないですし
本当は市内だとか市外だとかも、関係ないです。

でもわたしはこの活動を始めるときに
「せめて目の前にいる子だけでもなんとかしたい」と思っていました。
武蔵野市の猫はわたしにとって「目の前にいる子」のようなものですから、
まだまだだと痛感しました。

武蔵野市で猫のことで困ったら「むさしの地域猫の会」へ相談、
という周知をもっと徹底しないといけないと感じました。

また、最近全国各地で問題になっている
「多頭飼育崩壊」「一人暮らしの高齢者が倒れた時の飼い猫問題」
などについても意見を交わしてきました。
会でも昨年この問題を2件扱い、とてもとても大変でしたから、
今後すべてを引き受けることは難しいと思いますが、
できる範囲でやっていきたいと思い、
環境政策課に相談があったらとにかく回してくださいと伝えてきました。

今年度、担当職員さんがガラリと入れ替わりました。
加えてわたしが心身ともに多忙だったため
「協働」といっても継続事業しかできず反省することが多かったです。

新しい担当の方たちはみなさんとても協力的でした。
わたしの愚痴にも長々とお付き合いいただきありがとうございます。


そんなわけで2016年度もありがとうございました。
今後もがんばっていきますので応援してください。


さてその間にも
c0268274_23161657.jpg
とか
c0268274_23160861.jpg
とか
c0268274_20294726.jpg
なんかにも動きがあったり、
個人的にNHKニュースに出たりしたのですがそれはまたのちほど。



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-03-23 15:58 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧