ジンくん改めカムイくんのその後。

昨日はジンくんの正式譲渡の手続きにいってきました。
ジンくんは「カムイくん」という名前になりました。
ジン=神=カムイくん、ということだそうです。
立派なお名前をもらったカムイくん。

「カムイくんひさしぶり~」とお邪魔すると…
c0268274_22082934.jpg
さんさんと陽が降り注ぐ窓辺のベッドでお昼寝中でした。

カムイくん~と呼びかけても無視!!
撫でても無視!!!

…いいんです。
こんなにしあわせそうなカムイくんを見ているだけでしあわせです。

彼はここで眠り、暑くなると隣のキャットタワー(日蔭)でしばし休み、
また日向のベッドで昼寝をする、というのを延々繰り返し、
わたしがいる間に3往復くらいしていました。
まるで引退したお金持ちのような優雅な生活!

毛並みも10才超えとは思えないほどつやつや。
鼻水もよくなったようでスースーと気持ちよさげに寝息を立てていました。
結局最後までわたしには気づかずでした。


で、じつはこの日、カムイくんの新しい家族をお連れしていました。
c0268274_23160861.jpg
この子たちです。
c0268274_22082843.jpg
カムイくんのためにと用意していただいたケージに入れていただきました。
この子らは全然人馴れできていなくて、シャーシャーです。

それでも里親さんは、
全然いいんです、猫ってそういうものですと言ってくださいます。
10年経ったら馴れてくれますよ、と。

カムイくんはこの兄妹にはまったく気づかず…
お届けしたのはお昼でしたが
その日の夕方になってようやく気づいたそうです(^_^;)
マイペースなカムイくんは気づいたところで怒るでもなく冷静で、
子猫よりもケージの中のご飯が気になっているとか。さすがです。

黒ちゃんはネオくん、サビちゃんはヒバナちゃんという素敵なお名前もらいました。
名前をもらって彼らには家族ができました。
手術を終え、さくら耳になり、お外で暮らしていく予定だった兄妹。
でも、いくつかの偶然が重なって、今こうして家猫への道を歩み始めました。

全部タイミングだよなぁと思います。
ほんの一瞬の差で、家猫になったり飼い主のいない猫になったり。
どっちがしあわせかなんてわかりません。
人や環境によっても違いますし、人によっても感じ方も違います。
でも、今日のように冷たい雨の降る日には、
あったかいお家に入れてあげたいと切に思うわけです。


そんなわけで家族を待つ猫たちをたくさん保護しています。
人馴れできていなかったり高齢猫もいます。
それでも素敵な家族をじっくりと探してあげたいと思っています。
かれらが安心してからだを伸ばして眠れるようになりますように。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
Commented by アパ at 2017-03-27 15:25 x
カムイくん!!なんてすばらしい名前を
いただいたの~~!
それに、本当にとっても良いご家族に恵まれて
とっても幸せそう。いや、幸せなんですね^^
すっごく嬉しいです。
ほんと毛並みツヤツヤ~~!
可愛いわぁーー
早く暖かくなって外で暮らす猫ちゃんたちも
過ごしやすい日常を送れたらいいですね。
Commented by musashino-cat at 2017-03-27 19:30
アパさん

ありがとうございます(*^_^*)
ほんとに彼はしあわせそうでしたよ。

先住さんはなんと21才、24才、25才だったそうです。
秘訣は10才越したくらいから皮下輸液をすること。腎臓が悪くなる前に自宅で輸液をしていたそうなんです。
ご飯も療養食ではなく普通のものを普通に食べ、最後は腎臓がひとつなくなっても問題なく、老衰や他の疾患で亡くなったのだとか。
この日々の輸液はかかりつけの獣医さんが推奨しているそうです。

うちの子は腎臓がもともと小さい子がいるので、ちょっと真剣に考えてみようかと思っています。
馴れれば30秒くらいでできるようになるとか。

カムイくんも輸液を少しずつしてもらっていて、だからこんなにツヤツヤなの?と思ってしまいました。
Commented by アパ at 2017-03-27 20:35 x
なんと!!すごい情報をさらりと教えていただき
ありがとうございます。
うちのばーさん猫は14才なので、ちょっと
先生に聞いてみます。
でも先生の考え方によっては輸液を勧めない人も
いるかもですよね。
その場合は独自で入手して勝手にするしか
ないですよね。その前にもちろん相談しますけど。

もしねこむらさんが先にされるようなことが
ありましたらまた詳細をお知らせいただけたら
助かります。
腎臓が悪くなる前の食事以外のケアが日々の輸液とか
びっくりしました。

こういう努力ももちろんだとは思いますが
ブログを拝見していると、お人柄を感じさせる
ご家族様ですのでみんなみんな幸せな猫ちゃんの
人生でしたね^^(猫生というのかな)
カムイくん、呼びかけても反応しないくらい
安心して熟睡できるなんて幸せ者~~
Commented by musashino-cat at 2017-03-28 21:02
アパさん

たしかにこれすごい情報ですよねぇ。
先生にはぜひこの「輸液 最強説」を学会?とかで発表してほしいですねと言いました。
ちなみにかかりつけは東京三鷹のライオン動物病院の先生だそうです。

うちの子はまだ9才なのでもう少し先かも?今度の健康診断で結果を見て先生にもちょっと聞いてみようと思います。

もし詳細希望でしたら里親さんに聞いてみますよー
Commented by アパ at 2017-03-29 09:56 x
ライオン動物病院!!!
私 関西の人間ですが知ってます!!
なるほど~~ここの先生なんですね^^

ばーさんは14歳なので、詳細聞いていただけたら
助かります!!
ご迷惑ではないでしょうか?
今はちょっとじーさんの病気にかかりっきりで
自分でなかなか調べることも出来ず・・・・
お時間ある時で構いませんので
どうかどうかよろしくお願い致します。
厚かましくてすみません。
Commented by musashino-cat at 2017-03-29 10:47
アパさん

ライオン動物病院は有名なのですねー
ネオ&ヒバナちゃんの正式譲渡のときに詳しく聞いてきますね。わたしも気になってますから^^
by musashino-cat | 2017-03-26 22:37 | 保護・譲渡活動 | Comments(6)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧