2017年 12月 16日 ( 1 )

大変でした。

ここ数週間、大変でした。

道具の保管や一時的な保護場所として
使っていた場所を引き上げることになり
片づけと、猫9匹を移動させなければいけなかったからです。
猶予は2週間ちょっとしかありませんでした。
そこにいた猫たち(ほぼ大人猫、馴れていない子多数)を
どうしたらいいのか?胃が痛くなりました。

結論から言えば、無事、みんな行き先が決まりました。

若く健康で譲渡が早そうな子たちは
預かりボランティアさんたちに1匹ずつお願いしました。

エイズキャリアの子が4匹いました。
この子たちは馴れていないこともあり、
譲渡が難しいことを承知の上で、2匹ずつ、預かりさんのお宅へ。
IさんとKさん。
おふたりはいつも、引き受け先のない保護猫を引き受けてくださります。
Iさんのところにはアビじいとキマリちゃんも。

いちばん悩んだのはエイズと白血病のWキャリアの子。
痩せ細り、弱った状態で保護された子…。
最後の最後で、犬のボランティアさんが「この子はわたしが面倒みる!」と
引き取ってくださりました。
「もう年だから若い子はみられないけどね。
 こういう子には最後くらい穏やかに過ごしてほしいじゃない?」

みんな、暖かい場所に移動していきました。

はぁ、すごい。
わたしにはできません。

むさしの地域猫の会には
シェルターも潤沢な資金もありませんが、
たくさんの猫を保護しています。
それはひとえに預かりボランティアさんや
愛情深い里親さんたちのおかげです。
みんな、困っている猫を放っておけないから。


このやり方があっているとか間違っているとか
そんなことは正直どうでもいいと思ってます。

とはいえたくさんの会員さん、サポーターさんに支えてられている会ですから
なんでも勝手にやっていいとは思っていませんが、
実際に猫のために動いている人たちをサポートするべき。
困っている猫たちを助けるべき。そう思っています。

猫1匹1匹に事情があり、
人ひとりひとりに事情があります。

あそこはこうやっているからこうした方がいいとか、
今、世の中はこうだから、ああした方がいいとか、
そういうものになるべく振り回されないようにしよう。

情報だけに振り回されずに
初心に戻って
自分の目で見たもの耳で聞いたことを信じる。
そういうのが大切ですよね。


******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-12-16 15:15 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧