カテゴリ:保護・譲渡活動( 235 )

段ボールの中に子猫。

公園の茂みの中で段ボールに入っていた5匹。
c0268274_22162215.jpg
c0268274_22162203.jpg
c0268274_22162196.jpg

200g未満、生後1週間から10日くらいの5兄妹。




みんな元気だからよかったけどね
やさしい人に拾われたからよかったけどね

小さい段ボールにフリース1枚
ご飯も水もなくてこの暑さの中でどうやって生きられると思うんだろうか
おおきな公園の茂みの中に置いてどうして見つけてもらえると思えるんだろうか


またしてもAさんにお願いしてしまいましたがもうパンパンです。
さすがに疲れてきましたが、Aさんの大変さとは比べ物になりません…。



ブログに載っている子たちの里親を希望される方はご連絡ください。

musashinocat★gmail.com(★→@)西村まで。

※子猫たちはまだ長時間のお留守番ができないので共働きやお一人暮らしのご家庭には向きません。
※エイズ白血病の検査がまだできません。今後陽性と出る可能性もありますがご了承ください。
※ペット可のお住まいで陽当たり良く猫たちが自由に安全に駆け回れる広さがあり、
脱走防止の策を取っていただけるご家庭を希望します。
※兄妹の子たちは兄妹一緒に迎えてくださる方を優先させていただきます。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ミルク、仔猫用パウチ、カリカリなどたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-24 22:29 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

センターとの連携について

結論から先に言いますと、
今年度から、動物愛護相談センターに武蔵野市から猫が引き取られた場合には
センター ⇒ 市役所 ⇒ むさしの地域猫の会
という連携を取ってもらえるようになりました。


これは、会員でもある市議さんのお力添えによるものです。
経緯はこのようなものです。

年度末の市役所との話し合いのときに
一昨年度、武蔵野市から1匹の子猫が動物愛護相談センターへ
引き取られたことを知りました。

100匹いたら「仕方がない」と思ったかもしれません。
「今はとにかくTNRをがんばるしかない」と割り切り、
地域猫活動をする団体としてTNRをすすめる、と。

でも、1匹です。仕方なくないです。今すぐ迎えられる用意があります。
(今はちょうどいっぱいの時期だけど…)

そのあとの役員会でも、
「それはなんとか助けるべきだ」という意見で一致しました。

とはいえわたしの中には数年前のセンターとのやり取りが残っていました。

・・・
たまたま目にしたセンターの収容動物一覧の中に、
武蔵野市から引き取られた猫がいました。
すぐにセンターに電話をしました。
その猫は収容後すぐに亡くなったそうです。

「わたしたちは武蔵野市で猫ボランティアをしている団体です。
 武蔵野市から猫が引き取られたときに連絡をいただくことはできませんか?」
まぁ、今考えればなんて安直な、と思います。
案の定返事は「そういったことはできません」でした。

猫が亡くなったことも相まって落ち込んだわたしは
それ以上何も言えずに電話を切りました。
・・・

それ以降は、とにかくセンターに猫が連れて行かれないように
いろいろがんばるしかありませんでした。
(市役所や警察署に猫相談がきたら連絡をもらうなど)

それに、センターに連れて行かれる数の何十倍もの猫が
町中で倒れ、命を落としていくことも知っていました。

もともとセンターの引き取り頭数の少ない武蔵野市では
センター引取よりもTNRや子猫の保護譲渡をすべきと考えました。

というのは言い訳で、センターへ行く勇気もありませんし、
そのことについては少し放置していました。

言い訳が長くなりましたが、
改めて「1匹を救えない」という状況が目を覚ましてくれました。

市やセンターをどうやって動かすか考えたときに
会員さんでもある市議の方に頼ってみようと思いつきました。
お話しするとすぐに動いてくださいました。

市役所の担当者と話し合いを持ち、
市役所の担当はセンターと話をしてくれました。

そして戻ってきた返答が最初のようなものでした。

これはどの地域でもできるものではなく、
武蔵野市のように行政と連携している団体がある場合のみ
可能だということでした。

まだ一度も連絡は来ないし、これから来るという確証もありません。
この1年をまずは見てみることにします。どうなることやらです。

現在東京都のセンターで引き取られる動物は、
けがや傷病で衰弱した子、または親の見当たらない乳飲み子です。
乳飲み子はなんとかできるとしても、
瀕死の子はどうすることもできないことが多いでしょう。

一昨年度の表の中で「1」という数字で示された子猫は、
処分機ではなく搬送中に死んでしまったのかもしれません。
負傷動物の子たちも助けられたのか、そもそもダメだったのか、
今となってはわかりません。

「知っている」「知らなかった」だけの違いで
結果は同じなのかもしれません。
今までセンター職員が負っていた無念さを引き受けることになるだけかも。

搬送のことや治療のことなどまだなにも考えていませんが、
とにかくみなさんの力を借りてやっていくのみと思っています。

延々書いて、なんと自分よがりだろうかと考えました。
本当は別に武蔵野市にこだわっているわけでもなく、
どこの地域だろうがどこの国だろうが関係ないです。
センターに乳飲み子を引き受けにいったときに
もしもその隣にどこかの地域の乳飲み子がいて
「あなたは武蔵野市の子じゃないからごめんね」と言う自信はないです。
でも今わたしは武蔵野市の団体を担っているわけですから
武蔵野市の子をなんとかする責任があり、
感情に流されて無理をしてみんなに迷惑をかけることもできません。
でもみんながやろうと言ってくれればもちろんできます。

出来ることを、出来る範囲で(ちょっとは無理もして)やっていきます。

偉そうに言いましたが今までと何も変わりません。たぶん。

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-23 15:04 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

まだまだ続く?子猫保護。

子猫まみれの一週間が終わったかしらと思ったら今週もきました~

しかも今日のは「もう籠に入れたから!」というもの。
あ~びっくりした。
近くの会員さんにお願いしたら15分で受け取りにいってくださいました!
c0268274_21145648.jpg
1匹だけではないような気がしますが…
お母さんが探しているかもしれないし…
とりあえず保護してしまったものは仕方ありません。
また現われたらお電話くださいねとお願いしました。

その方はお庭を猫に荒らされるというので大変にお困りの方。
猫には良い印象がないようですが、こうやって子猫を保護してくれました。
これ以上お困りにならないように母猫も手術をしましょうとお話ししました。


別の場所では名人が、先週相談のあった子猫3匹と母猫の現場に。
子猫2匹が大変臆病な子たちで、その子たちを優先で保護することに。
母猫と1匹の子猫はすぐに捕まえられるのですが、
先にそちらを捕まえてしまうと臆病な2匹が捕まらなくなってしまいます。
そういうときには臆病な性格の子を時間をかけても先に保護しなといけません。
名人は長年の経験で子猫の性格を見極めそのような判断をしました。
みんな無事に保護できますように。


この時期は電話が鳴ると慌てて出ます。(仕事中だけど…)
手遅れになったら大変です。(仕事クビにならないかな…)

うーん、まだ来るかしら…。
こんなに保護しちゃって大丈夫かな…。
この計画性の無さに我ながら不安を覚えますが、
みなさんのおかげで何とかやりくりしております。
みなさん、ほんとに、ごめんなさいm(__)m
心からありがとうございます。


と、書いているときにTさんから連絡が。
会員さんが引っ越した場所の近くで昨夜からギャーギャー鳴いている子猫1匹がいると。
見に行ったけども真っ暗だし逃げ惑うので捕まえられず。
ご飯を置いて食べに来るか様子を見ることに。

いやはや、です。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリなどたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-22 23:50 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

譲渡会のご報告と、怒涛の1週間。

今日も夏のような天気。
カフェゼノンさんで譲渡会でした。
まだ子猫の参加がないので15匹の大人猫たちとまったり譲渡会。
c0268274_17230050.jpg
9匹の猫たちにお申し込みがありました。
順次トライアルに入っていきます。

支援物資や寄付もたくさんいただきました。
スタッフへのお菓子やドリンクなども頂戴してみんなで美味しくいただきました。
みんなへばっていたのでとてもうれしかったです!


さてと、怒涛の1週間が終わろうとしています。
この1週間で5件の相談がありまして、
保護する子猫はまだ捕まっていない子も含めて14匹の予定。

日曜日には目が膿でふさがっていた2匹を即時保護。(ニッシーとマイ)
月曜日には茶トラの母猫が連れた3匹。いったん居なくなりましたが、昨日また現われました。
火曜日にはまた別の3兄妹と母猫。翌々日には名人が保護。母猫は手術をして地域猫さんになりました。
金曜日には武蔵境方面で3兄妹と母猫の相談。明日以降保護予定です。
土曜日は昨日掲載した目が痛々しい子猫3匹を即時保護。これから親猫のTNRです。

で、ブログに載せていなかった火曜日の子たちを紹介します。
Nさんのお宅にお世話になっています。
c0268274_17271556.jpg
かわいいキジトラちゃん。女子。
c0268274_17271419.jpg
やんちゃなサビちゃん。女子。
c0268274_17271548.jpg
茶白ちゃん。性別まだ不明。

この茶白ちゃんは、足が悪いと入院していた子です。
検査の結果、過去に骨折していたことがわかりました。
今はもう骨もくっついていて問題はないとのこと。
お外生活時代のちびちびの頃に骨折なんてしたら、
生き延びることは難しかったでしょうに、よく無事でいてくれました。
みんなまだ2ヶ月くらいなのに空気砲を発射しまくっているそうです。
元気でなにより(^_^;)
来月の譲渡会には出られるかな~馴れるかな~

というわけで次回6月の譲渡会には子猫がぼちぼち出始める予感です。
c0268274_17233517.jpg



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-21 17:47 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

めまぐるしい一日。またまた目鼻くしゃくしゃ子猫。

今日は、むさしの地域猫の会の総会でした。

朝から、ハガキでお知らせした時間とメルマガでお知らせした時間が違うことに気づき、
わーーどうしよう!と大騒ぎ。
結局遅い方の時間に合わせて開始してみなさんにご迷惑おかけしました。

昨年度の活動報告をみなさんにご報告。
その中で、今後の課題としてたもので
今年度一歩前進した案件(動愛センターのこと)がありましたが、
これはまたきちんと書きます。

無事総会を終え、帰宅してぐったりしていたら電話が鳴りました。

聞くと我が家のすぐ近くでの子猫相談です。
ガレージに親猫2匹と子猫4匹が居て、
子猫のうちの1匹が瀕死の状態で昨日動物病院に入院させたというのです。
他の子たちの状態はよくわからないとのこと。

1匹が瀕死ということは兄妹もあぶないと思い、すぐに見に行きました。
案の定、みんなひどい風邪ひきで目鼻ぐしゃぐしゃ。
ちょろちょろ動きまわる大きさでしたが、
まずは2匹を保護。
c0268274_23051747.jpg
くろちゃん
c0268274_23051760.jpg
サビちゃん

もう1匹いるというのですが見当たりません。
もしかしたら裏のお宅にいるかも…
ということで早速そのお宅に行ってみました。
ご主人がちょうどお庭にいらして聞いてみると
「来てるよ、子猫。どうしようかと思っていたんだよ」
「ほんとですか!よかった!うちで保護します!」
無事、保護。
c0268274_23051672.jpg
三毛ちゃん
三毛ちゃんがいちばんひどい状態でした。
鼻がぶひぶひ言っていて、目はほとんど開いてません。
見えないのに必死に逃げて来たんでしょう…。

懸命に育てていただろう母猫には申し訳なかったけど、
このままにしておいたらみんな失明です。
目も鼻もガビガビだったのでミルクもあまり飲めなかったのか?
みんな痩せていて黒ちゃんは脱水気味。補液しました。
すでに離乳期ですがご飯は嫌がりました。

目薬して鼻をふいてもらってみんな少しだけすっきり。
c0268274_23051656.jpg
治療後みんなキャリーで爆睡してました。
三毛ちゃんなんて仰向けでグースカピーです(^_^;)

さて、、、この子らをどうするか。
1日に3回も4回も5回もの点眼点鼻をしないと目がふさがってしまう。
栄養失調気味なので離乳をしっかりさせないといけない。

……。

結局またAさんにお願いしました…。
Aさん本当にありがとうございます。

そしてこの子たちにはもっとひどいであろう状態の兄妹が1匹いて入院中。
今は病院にお任せして、ある程度回復したら引き取ります。

母猫と一緒にいた父猫?には手術を受けてもらいます。
子猫を保護するときには親猫の手術は必須です。

というわけで今日も夜に子猫搬送。
帰りにお腹ぺこぺこで立ち寄った回転ずし屋さんの隣で火事が起こり、
車を移動させたりと、てんやわんやの一日でした。

明日は譲渡会。
まだ子猫は参加できる状態にないので
今回は大人猫ばかり17匹の参加予定です。
c0268274_21013985.jpg

最後に、Aさんのお宅であってきたニッシーとマイ。
c0268274_22362595.jpg
ニッシー
c0268274_22362400.jpg
マイ
可愛すぎて仕方ありません。
とくにマイ…この顔…

この子らも1週間前は目がふさがってましたが
Aさんのおかげでこんなに可愛くなりました。

今回の3兄妹はもっと状態は良くないようですが、きっと大丈夫。
たとえ見えなくても白濁が残っても全然大丈夫。
みんなポヘーっとしていて良い子なんですもの。


昨日の夜は、今週の火曜に相談のあった子猫たちを預かりさん宅に移動させましたが
そのお話もまたのちほど。


ブログに載っている子たちの里親を希望される方はご連絡ください。

musashinocat★gmail.com(★→@)西村まで。

※子猫たちはまだ長時間のお留守番ができないので共働きやお一人暮らしのご家庭には向きません。
※エイズ白血病の検査がまだできません。今後陽性と出る可能性もありますがご了承ください。
※ペット可のお住まいで陽当たり良く猫たちが自由に駆け回れる広さがあり、脱走防止の策を取っていただけるご家庭を希望します。

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-20 23:32 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

親子猫相談、続々。

急に立てこんできました。
日曜夜の2匹に続き、
月曜と火曜に子猫3匹を連れた親子の相談が。

月曜の子たちは、
その日から急に子猫が来なくなってしまい、現在捜索中。

火曜の子たちは、
今朝子猫1匹が足を引きずっているというのでその子だけ急ぎ保護。
検査をするために入院しました。
なんでもないといいのですが…。

子猫たちはどちらも1ヶ月半という感じです。
みんな無事に保護できるといいなぁ。
そして母猫は手術をしてもらって地域猫に。
いずれも心配してくださる人がいるので安心です。


さて色々心配はつきませんが、Aさんから日曜の子猫の写真をいただきデレデレ。
c0268274_23434999.jpg
c0268274_23434827.jpg
目薬と抗生剤をずっと続けてくださったおかげでおめめぱっちり!

わたしの名前にちなんだお名前つけていただきました(*^_^*)
うれしいな~
元気に育ってね。


今日は会社終わりに、打ち合わせをしてきました。
今年も「むさしの猫のマルシェ」をやるかどうか考えています。


お届けの様子をなかなか書けないわー


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-17 23:54 | 保護・譲渡活動 | Comments(4)

目がふさがってる子猫。

今年度お初、乳飲み子をこの手で保護しました。

夕方保護部屋のお掃除を終えて帰宅すると一歩の電話。
2年前にTNRをした現場で名刺を渡したお宅から子猫が2匹生まれていると!
離れにある物置小屋の中の、瓶の中に2匹。
母猫はびっくりして逃げてしまい、以降3時間以上戻って来ないと。
うむー。しばし悩みました。
大きさはどのくらいですか?目は開いてますか?健康状態は?
とはいえ通報者さんは猫のことはよくわからない、と。
これは考えてないで実際に見に行くしかありません。車を借り急行。

瓶の中にいました。2にゃん。
母猫はまだいません。
生まれたてではなさそう。生後2週間?3週間?
でも目が開いてない。目ヤニでふさがっている。
放っておけば失明してしまうかもしれないので即、保護しました。
c0268274_22505347.jpg
ぶれてますがこんな具合で2にゃんとも目ヤニで目が開かない状態。

病院はすでに閉まっている時間。
でもこの子たちの目の処置をしないとーー

というわけでAさんに泣きつき、すぐに受け入れていただきました。
目から溢れ出る膿を丁寧に拭いてもらって…目薬してもらって、
c0268274_22505397.jpg
目が開いたーー!
c0268274_22505447.jpg
もうひとりの子も開いたーーー!

かわいいー!よかったーー!
あ、もしかして初めて世の中を見る?と思って、
「ほーら、わたしがママよー」なんて言ってみました(^_^;)

目ヤニで子猫の目がふさがったままにしておくと
膿がどんどんたまって目が白濁してしまったり、
最悪、失明したり、眼球がおっこちてしまいます。
母猫はよかれと思って子猫の顔や目の周りを舐めますが、
それが逆効果になってしまうこともあります。
そういう場合は人間が治療してあげるしかありません。



350グラムくらいの兄妹。
グレーと白の毛色。
生後2~3週間かな?

そのままAさんにお預けして帰宅しました。
しかしAさんのお家にはたくさんの乳飲み子…。
最初に「たくさんいると思うのですが大丈夫ですか?」と聞きましたが、
「うん、まだ少ないから大丈夫」とのお返事。
でも行ってみたらたーくさんいました!!
この子たちみんなにミルク飲ませてたら1日あっという間ですよね…。

そんなわけで、ミルクや子猫パウチ、ビオフェルミンなど
ご支援をいただけると大変助かりますm(__)m

この土日はお届けや正式譲渡もあったのですがそれはまた後日。
来週末は会員総会と譲渡会、マルシェの打ち合わせも控えています。

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-14 23:14 | 保護・譲渡活動 | Comments(4)

乳飲み子たち。

子猫の時期です。
ほかのボランティアさんのブログなど読んでいると
みなさん乳飲み子の育児に奔走されていますね。

うちで保護する子猫の数は昨年あたりから減ってきていますが、
地域の方が自分で保護して里親さんを探しているケースを度々耳にします。
それって理想的だなぁと思います。

まぁ、例年今から梅雨にかけての時期に
すこし大きくなって逃げ惑うくらいの子猫の相談が多いのですが、、、
逃げる子猫は捕まりませんから…
今年も名人にがんばっていただくことになるのかなぁ。

さて、Aさんに保護いただいている子猫たち。
c0268274_10034372.jpg
c0268274_10034230.jpg
この子たちは離乳後トライアル先が決まり
他の子もみんな順調に育っているそうです。
c0268274_10034243.jpg
c0268274_22441654.jpg

c0268274_10034299.jpg
c0268274_10193898.jpg
可愛い子たち、しあわせにおなり~



ただ一方で、これまた団体さんのブログで読んだのですが、
最近は母猫が育てていても子猫が無事に育たなくなっているんだとか。

各地で地域猫が進み管理され健康な猫が出産しなくなり、
逆にたとえば近親で産み増やされるケースが増えたり、
ご飯もろくなものをもらえない、人間をおそれ、
常にストレスにさらされているような母猫が出産する。
すると、母体が弱っているために子猫も健康ではない、など。

人によく馴れ、生きやすい環境にある外猫は手術を受け、
人を恐れ、常に隠れて必死に暮らしているような猫たちがひっそり出産する。

地域猫活動が進んでいくのは大変よいことですが、
どんなことでもそうですが、
新しいことが進んでいくと必ずその弊害も発生する。
そのために苦しむ猫たちがたくさんいる。
仕方のないことなのかもしれませんが、とても切ないです。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-14 10:43 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

子猫がきた!大きい子も頑張ってます。

予想通りといいますか、GW開けたら子猫きました!
c0268274_19525695.jpg
生まれて3日くらいのちびちび
c0268274_19525606.jpg
生まれて3週間くらいのちび

みんなAさんが面倒みてくださっています。
ありがとうございます。感謝しかありません。
それにしてもチビチビは可愛すぎますね。


もちろん大きな子もかわいいですよ~。
GW中に預かりボランティアさんのお家に移動した
c0268274_19525562.jpg
ジジ。5才。男子。
c0268274_19525580.jpg
ハナちゃん。5才。女子。
c0268274_20020376.jpg
チョビ。3才?男子。


ジジもハナちゃんもチョビも餌場を失って行き場を失くし保護した子。
ずっと外で自由に生きてきたのに急に家猫修行ですから大変です。
ジジは極度のこわがりさんなので先行き不安…。
ハナちゃんは夜鳴きがひどくこちらも不安…。
チョビはエイズキャリアのはずだったのに、再検査で陰転していた運のよい子。
でも肝臓の数値が悪いのでお薬を飲んでいます。

辛抱強くこういう子を面倒みてくださる預かりボランティアさんたちのおかげで
みんな家猫修行をがんばって、里親さんの元に旅立っていくことができます。

ありがたいです。

※写真はみんな預かりさんのインスタから拝借しました。インスタって素敵ですね。


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2017-05-08 20:05 | 保護・譲渡活動 | Comments(3)

Wチョビのこと。

土曜日はチョビのお届けでした。
c0268274_20180789.jpg
こちらはお届け翌日の様子。
しばらくケージにひきこもるかと思いましたが、
早速お気に入りの場所を見つけたようです。
ご飯もトイレもクリアして、
里親さんのおひざで30分ほどゴロゴロしたそうです。
里親さんもチョビがいるだけで癒されてエネルギーをもらっていますと言ってくださいました。

順調順調♪
よかったね、チョビ。

あなたが公園に突然現れて、
若くなかったし最初の検査では腎臓の数値も悪くてどうしようって思ったけど、
保護してよかったよ。
まだまだトライアルだけどがんばって。


で、実はもう1匹チョビという子がいます。
c0268274_20261337.jpg
なんだかちょっと雰囲気も似ている気がします。
この子は地域猫として暮らしてきたのですが、
地主さんの代替わりによって餌場を追われ、保護しました。

こちらのチョビを検査に連れて行きました。
ですが結果は芳しくなくて、腎臓系肝臓系いずれも高い数値。
原因を特定するために外注検査に出しました。
結果次第ですが、思っていたよりも年寄りかもしれません。
甲状腺の病気の可能性も。

最近保護する子はみんな色々抱えています。
腎臓だったり肝臓だったり。片目がなかったり。
お外で暮らしてきた子たちがどんなに過酷な生活をしてきたのか痛感します。

長年外で暮らしてきた地域猫を保護することが増えています。
餌場を追われたり、ご飯をあげていた人が引っ越してしまったり、虐待者がいたり。
みんな若くないし、人馴れもしていません。なにかしら体調不良も抱えています。
そういう子は治療や入院、精神的なケアも子猫の何倍も大変です。
環境の変化によるストレスでご飯を食べなくなったり夜鳴きがひどかったり。
里親さん探しもなかなか進みません。

これから子猫が保護される時期なのですが、先行きが大変不安です…。
なんとかしないとーー。

人慣れしてない保護猫を根気強く見守ってくださる里親さん、
または一時預かりボランティアさん絶賛募集中です!!


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-05-01 20:40 | 保護・譲渡活動 | Comments(2)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧