<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

譲渡会と、またまた仔猫保護

日曜日は譲渡会でした。
かわいこちゃんがた~~~くさん、にゃんと90匹!!
おかげさまで26にゃんにお申し込みがありました(*^_^*)
c0268274_21451116.jpg
天使のように可愛かった子
c0268274_21451273.jpg
暑かったから疲れちゃったね
c0268274_21451298.jpg
ずっとにゃーにゃー言っててかわいかったシロップくん(里親さま募集中!!)
c0268274_21451129.jpg
今回もたくさんの方にきていただきました。

チャリティーグッズもたくさん買っていただき、
募金もたくさんいただきました。
たくさんの保護猫たちの医療費やご飯代、
地域猫たちの手術代に充てさせていただきますね。

ご支援くださるみなさんのおかげで、
たくさんの子を手術したり、保護したりすることができます。
本当にありがとうございますm(__)m


さて前日の土曜日は新しい家族のもとへ。
c0268274_00314135.jpg
いましたいました、仔猫が4にゃん
c0268274_00314115.jpg
パパとママもいますね

一家には申し訳ないけど、子どもたちは保護するね。
きっとしあわせにしますから許してね。

この日は3にゃん保護。
警戒心の強い子が残ってしまったけど、パパママと一緒。
ご飯も毎日きちんともらっていますのでまずは安心です。
でも今日、名人Nさんが行っているので、もう保護できてるかな…。

子どもたちをみんな保護して、パパとママには手術してもらいます。
毎日ご飯をもらって安全な場所で、仲良し夫婦ずっとしあわせに暮らしてね。

みんな、ごめんね、ありがとう。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-29 22:02 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

7兄妹のその後

1つ前の記事に書いた7兄妹のその後です。

保護した時にすでに1匹が、その日のうちに1匹が、次の日に4匹が、
そして今日、最後の1匹が亡くなりました。

結局、みんなを助けることができませんでした。

c0268274_14471798.jpg
虹の橋で、兄妹みんなで仲良くね。
この世に生まれてきてくれてありがとう。


この子たちのためにがんばってくださった
Aさん、Tさん、連絡をくれたTさん、ありがとうございました。



この子たちのような仔猫をこれ以上増やしたくありません。
だから、これからもがんばるしかありません。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-29 00:41 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

正しい知識と、愛のある行動

昨日、こんな記事をFacebookにUPしました。
・・・・・
今朝早く、仔猫を保護しましたという相談が入りました。
母猫が置いていったらしき7兄妹でみんな氷のように冷たく、
まだ母猫の胎盤がついていました。
1匹はすでに動かなくなっていました。
急いで乳飲み子専属の預かりさん宅へ連れて行き
あたためながらミルクを飲ませて病院へ。
しかし午後になって、さらに1匹の子が亡くなりました。
c0268274_14471798.jpg
残る5匹はミルクも飲んで、今は落ち着いているようですが、
まだまだ予断を許しません。
どうか無事に育ちますように(>_<)

この時期まだまだ仔猫が生まれています。
この子たちの母猫は子どもたちを置いて戻ってきませんでしたが、
母猫がたまたまご飯を食べに行っていて留守にしていたり、
仔猫たちを移動させる最中だった、という場合があります。
その間に人間が仔猫をみつけて保護してしまう
というケースがありますので気をつけてください。

だからといって放置しておくと、
生まれたばかりの仔猫は半日でも放置すると
低体温・低血糖になって死んでしまいます。
ですから、乳飲み子を見つけた時の保護のタイミングは
とてもとても難しいのです。

まずは仔猫の様子を見て、
元気に鳴いているようなら母猫がそばにいないか、
遠くからしばらく見守ります。
(近くにいると警戒して母猫は出てきませんから)
しばらくしても母猫がこないようなら、すぐに仔猫たちを保護します。
見たときにみんな動かないようならすぐにでも保護します。

段ボールにタオルを敷いて、
ホッカイロや、お湯を入れたペットボトルをタオルでくるんだものを入れ、
とにかく保温してください。夏でもとにかくあっためてください。
それからスポイトかシリンジでミルクを飲ませます。
スーパーなどに仔猫用ミルクが売っていますので、
人間用はあげないでください。
仔猫用ミルクがすぐに用意できないのであれば、
とりあえず1:1の砂糖水でもいいです。
ミルクを飲ませたら、
湿らせたガーゼかティッシュでおしりのまわりをポンポンと刺激して
排せつをうながしてあげます。

とまぁいろいろ書きましたが、
まずは動物病院に連れていくのが一番いいです。
子猫はすぐに体調を崩しますので、
プロのアドバイスをもらうのがよいです。

今回のように、まずはわたしたちのようなボランティアに相談するのもよいです。
今はどこのボランティアさんも仔猫を抱えていっぱいいっぱいですので
丸投げするのはよくありませんが、相談はできます。

仔猫の命を助けるのは時間が勝負です。
迷う前に、すぐに行動してください。
えいっと保護してしまえば、あとはなんとかなるものです。
・・・・・

UPしてから半日で2000を超えるリーチがありました。
通常よりも多くみなさんの関心の高さがうかがえます。
コメントの中に「正しい知識と、愛のある行動ですね」というものがあり、
そのとおりです!ととても共感しました。

こういった行動の根底にあるものは基本「愛」です。
子猫がかわいそう、助けたい、放っておいたら死んでしまう。

でも、相手は命です。しかもとても小さくて繊細な仔猫。
そこにどんなに愛があっても、間違ったやり方をすれば、
逆に命を落としてしまうこともあるんですね。
助けたいと思ってしたことで逆に死なせてしまったとしたら…
仕方ないことですが、とてもショックですよね。

たとえばミルクのあげ方でも、きちんとしたやり方を知らずに
誤嚥させてしまうと肺炎を引き起こし苦しませることになります。

わたしは今まで目の前の子を助けたい一心で勉強もろくにせず、
現場での経験と経験者のアドバイスだけでやってきましたが、
きちんと勉強して知識を入れていくことも大切だと痛感しました。

とはいえ現状知力体力ともにオーバーヒート状態なので
如何ともしがたいのですが…涙

わたしはいつも猫の件で相談を受ける立場です。
これまでの経験と見聞きしたことをもとに
お話させていただきますが、それが正しいとは思っていません。
少しでも悩んだらすぐTさんたちに相談します。
生き物のことですから答えはひとつではありませんし、
その場での判断をしていくしかないのです。

日々勉強。悩みながらの活動です。


↓乳飲み子がきましたので、ホッカイロが足りていません。
今の時期、お店には売っていないので…涙
ご支援いただけますと助かります。いつもすみません。

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-25 15:27 | 保護・譲渡活動 | Comments(1)

仔猫やら、街頭募金やら。

この週末もいろいろ忙しく~

まず土曜日は、ねこ祭りの打ち合わせでした。
会員のFさんにお手伝いしていただいて(わたしが無理やり引き込んだんだけど(^_^;))
写真展をいくつかやることになりました!

Fさんは地域猫たちの写真を撮られていて、
ご自身で個展を開かれるほどの腕前ですので、
それならぜひにと写真展していただくことに(*^_^*)

それと、もと保護猫を家族に迎えていただいた方に
我が家のにゃんたちの写真を送っていただいて、
うちのこ自慢写真展もやりますよ~
詳細は後日!

で、個人的に相談を受けている場所に仔猫を見に行くけど、
残念ながらいなかった…

で、夕方、会員さんから電話がありまして。
近所の人が仔猫をもってきたんだけど、うちには犬がいるからどうしよう~と。
仔猫をもってきたって…どういうこと~
そのあたりはTNRが進んでいるはずなのになんで仔猫が…
と悩みましたがとりあえず目の前の仔猫をなんとかせねば。
ということでIさんにお願いしました。かわいいサビちゃん。


そして日曜日は、街頭募金をしました。
あいにくの雨でしたが、気合でやりました!!

c0268274_23565424.jpg
c0268274_23565433.jpg
寒かった…

でも、26,114円も集まりましたよ!
みなさん、本当にありがとうございます!

仔猫祭りですので、みんにゃの医療費がたくさんかかっています。
大切に、使わせていただきますね。

この日は成蹊大学のボランティアサークル「Unimal Project」のおふたりも参加してくれてね。
スタッフが寒さと疲労で衰えていく中、若さハツラツで頑張ってくれました!!
いや~若さってすばらしい(^。^)

せっかく手伝ってもらったのに、生憎の雨でごめんね~

次はもっと増員してくれるそうなので期待してます!

で、街頭募金中にすぐ近くで仔猫がいますよと相談を受け…
(よくあるんですが)

募金終わりでTさんとSさんと現場確認に行ったのですが
雨のせいか、いませんでした。


そんで今日の夜、ひとりで見に行ったら、いました。
キジトラの可愛い子が。
結構大きくて3ヶ月くらいの子かな。
保護して里親さんを探すことになります。
2匹いるらしいので、餌やりさんとコンタクトを取ってから保護に入ります。

さらに今日は以前相談のあった母猫が仔猫を連れてきたと連絡があり。
4にゃん中3にゃんは相談者さんが保護。
残りの1にゃんは名人Nさんにお願いしました。

さらにさらにお電話で、お隣、練馬区の方からも相談が。
お庭に片手ぐらいの大きさの仔猫が置き去りにされたそうです。
どうしたらいいでしょう~とおっしゃるので、
母猫がこないのであればすぐに保護してあっためて病院に連れて行ってください!
とお願いしました。
幸いにも、動物病院で預かって里親さんを探してくださるそうです。
よかったよかった。
こういう親切な動物病院ばっかりになればいいのにね。


とまぁそんなわけで、毎日バタバタしております。

困った…本当に、仔猫が多すぎて把握できない…


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-23 00:18 | 会の活動全般 | Comments(2)

ご支援ありがとにゃ。

少し前にキャリア組の近況をお知らせして、
みんなが純缶が好きです~とお伝えしたところ、
ご支援をいただきました(*^_^*)

早速ママさんから報告が届きました~

・・・・・
さてさて、早速純缶頂いてます!
もうみんな大喜び!
c0268274_20381036.jpg
もちろん!ダイチが誰よりも食べる!
c0268274_20381093.jpg
おかーしゃん!いい匂いするわ~っと、すっかり隠れなくなったパトラ子ことクレオパトラ子。
(顔がふっくらしてきた)
c0268274_20381185.jpg
あら、純缶だわ。食べてやってもいいわよ~~ っといつもキャットタワーの頂天に立つツッキーこと月子。
c0268274_20381125.jpg
わーい。アタシ、純缶大好きよ~~!お母さん食べていいの?っとミタちゃん。
c0268274_20381068.jpg
・・・・・

みんなとっても元気そうです。
毛並みもつやつやでお目目もきらきら。

いつもご支援いただいているみなさま、
本当にありがとうございます!
おかげでみんなお腹一杯元気にしています。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-19 21:16 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

屋根の上の仔猫

この春TNRの相談を受けた場所で
手術が間に合わなくて出産した母猫が仔猫を連れてきました
と連絡がありました。

それならば保護しましょう!と思ったのですが、
なんと、その親子は屋根の上にいると言うのです。

屋根の上~~?こんな感じ??
c0268274_16381275.jpg
(イメージ画像)
いや、なんだかめっちゃ危ないんですけど…
大人猫さんならまだしも生まれたばっかりの仔猫ですから…
しかも梅雨時、いつツルッといくかわかりません。

でも屋根の上ですから、普通に捕まえることは不可能…困った…

というわけで、名人Nさんに御出座しいただきました。

で、脚立で塀の上に登って比較的平らなところにケージを置いて…
とかなんとかで(Nさん御年70近いんですが…)
キジトラさんとサビさんが保護できました~
どちらも1か月半くらいの女の子で体重600gほど。
c0268274_16294693.jpg
いや、Nさんはすごいです、ほんとに。

サビさんは、預かりさんのお宅にいってケージに入った瞬間、
端っこによじ登ってフリーズ。
フェンスに張り付いた虫さんのようにしばらく過ごしていましたが、
十数分後に力尽きておトイレに落下していました^^;

翌朝届いた写真でも、壁にべったりですね。
面白い子です。お顔はめっちゃ美人さんなんですが。
緊張していますが、初日からきちんとご飯を食べたようなのでまずは安心しています。

そしてこの姉妹にはもう1にゃん茶トラの兄妹がいます。
この子はいちばん活発で動き回り、この日は保護できませんでしたが、
ママがついているので、改めて後日保護となりました。

茶トラくん~早く兄妹たちのところに来てね~


それにしても仔猫多すぎですね。
それでも武蔵野市は行政や支援者さまの協力もあって
地域猫活動が進んでいる方なので、
外にいる猫の数もだいぶ少なくなり、
相談のあった仔猫もほぼ保護することができています。

でも、相談のあるのはほんの一部。
知らないところでたくさんの仔猫が生まれ、
成長できた子たちが秋には大人になっていきます。

そんな風に考えるとこの活動に終わりはなく、
途方に暮れることもありますが、
地道に地道に、続けていくしかないと思っています。
みなさま応援よろしくお願いします!

******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、ホッカイロや猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-06-17 17:31 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

予告通り仔猫保護できました。

予告通り、今日は朝からNさんと保護現場に向かいました。
5にゃんいるのだから半日仕事だな!と気合を入れます。

ケージをセットすると、
早速ママにゃんとおばあにゃん(ママのママ)が食べに来ました。
ガツガツ食べています。
子育て中でお腹が空いているんだね…

するとほどなく仔猫たちも集まってきまして~
なんと1時間半で5にゃんを保護。
c0268274_21594712.jpg
わ~順調ですね~午前中で終わっちゃった~
と喜んでいたら…

なんともう1匹の仔猫さんがちょこんと座っている!!
わーーたいへんーーーー

すぐにケージをセットしましたが、その子は全然入りません。
時間だけが過ぎていき、仔猫はお昼寝タイム。
食べにくるのはママとおばあちゃんと、
ママのお兄ちゃんと思われる子たち…
c0268274_21594809.jpg
Nさんと相談していったん保護した子たちを病院へ連れて行くことに。
c0268274_21594860.jpg
黒ちゃん①男の子
c0268274_21594800.jpg
黒ちゃん②男の子
c0268274_21594810.jpg
黒ちゃん③女の子(般若のようなお顔でにらんできましたよ(^_^;))
c0268274_22130013.jpg
キジちゃん①男の子
c0268274_21594869.jpg
キジちゃん②女の子
c0268274_21594870.jpg
採血もがんばりましたよ!ノミのフンだらけ…

その後、夕方からまた保護に向かっていたNさんが、
残る1にゃん(黒ちゃん④女の子)を無事捕まえて、兄妹と合流。

6にゃんとも1ヶ月半位で500~600g。
ウイルス検査の結果は陰性。
ノミだらけでしたが、みんな健康でした。

ただ、黒ちゃん④とキジちゃん②が、ほかの兄妹よりずっと小さくて400g台。
こんなに兄妹が多くて、離乳期なのにママのおっぱいだけで生きてきたので、
あまり成長できなかったのでしょうね。。。
早めに保護ができてよかったです。

この後ここの現場は仔猫みんな保護できたので、
順次大人猫さんたちの手術に入ります!


で、小1時間の診察終了後、
一時的に預かってくださるお宅へ6にゃんをお届け。

小さめの2にゃんと、その他の兄妹を分けて、
みんながきちんと食べられるようにしてもらいました。


それにしても最近保護する子は、
みんな黒ちゃんとかキジちゃんばっかりだな…

どんな子もかわいいんですけどね。


そんなわけで今度の譲渡会は仔猫わんさか!
みんなかわいい盛りですよ~(^。^)
ぜひお迎えにきてあげてくださいね。
c0268274_22282518.jpg

里親さんにはなれなくても、少しなら預かれます!
という方も絶賛募集中です~

お問い合わせなどは西村までお願いします。
musashinocat☆gmail.com (☆→@)

それにしても最近保護猫が多すぎて、
どの子がどこにいるのか、把握しきれなくなってきました…。
うむぅ、完全にキャパオーバーで脳が崩壊しているな…。



オリジナルチャリティーグッズ販売中!
売り上げはすべて活動資金になります。
こちら から購入できますので、宜しくお願いします!

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、
ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ



キャッチミーイフユーキャンを買っていただくと売上の1%が会へ寄付されます!

スポーツペット (SPORTPET) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 スティックつき



[PR]
by musashino-cat | 2015-06-14 22:42 | Comments(0)

求む!仔猫の預かりボランティアさん

毎日毎日相談がきたり問題が起こったりで、
あたまがおかしくなりそうですーーーー!

という叫びで始まってすみませんm(__)m

とにかく今仔猫の預かり先が足りていません。
仔猫預かれるよ~という方がいましたらご連絡ください。

お問い合わせなどは西村までお願いします。
musashinocat☆gmail.com (☆→@)

まだまだ保護しないといけない仔猫が山ほどいますが、
とりあえず1週間だけ、とか、譲渡会で里親さんが決まってケージが空くまで、とか
綱渡り状態で保護活動をしています。

もし仔猫を迎えたいと思っていて譲渡会を待っている方がいましたら
ホームページの里親募集コーナー も見てみてください。
1にゃんもらわれれば、新たに1にゃん保護することができます。



さて明日も仔猫5匹保護予定です!
c0268274_00032061.jpg
この子たちはもう離乳期なのですが、
この場所は高いブロック塀に仕切られていて仔猫は母乳だけしかもらえていません。
そのためみんな元気ですがとても痩せています。
早く保護してあげねば!!

この現場は武蔵野市ではないのですが、訳あって入ることになりました。

預かり先もないし、Tさんに「どうしましょう…」と相談すると、
 すぐに保護しなくちゃね!
と心強いお返事。
でも預かり先が…とわたしが言えば、
 なんとかなるわよ!自転車操業だけど、やっていくしかないわね!
…そして、お言葉通り、あちこちに連絡してなんとかしてくださいます。
相談を受けて下見に行った現場で痩せた仔猫5にゃんを見かけ
Nさんに相談すれば、
 どこ?今から行けるから、道具持っていくわよ!
と頼もしいお返事。

え~い、もうこうなったら「やけのやんぱち」です。

6月にはいってから週に10匹近くも保護しているような状態で
TさんもNさんもわたしもパンパンで頭がおかしくなりそうですが、
とりあえずこの急激な仔猫祭りを乗り切るしかありません(/_;)

みなさまどうか助けてくださいにゃ~~


・・・・・・

外で生まれた仔猫を無理してまで保護する必要があるのか?
と思われる方もいるかもしれません。

でも、今のうちに保護できれば仔猫たちは里親さんにもらわれ、
飼い猫として一生暮らしていくことができます。

ここで無理をせずに仔猫をそのままにしておけば、
全員が無事に成長できる可能性は低いです。
成長できたとしても、生後半年で妊娠し、仔猫がまた仔猫を産みます。
自分もまだ仔猫なので育児ができないママ猫が増え、
自力で生きようにもたくさんの猫がいるため
ご飯にありつけずに成長することができません。

そうして、たとえ人間の手によって動物愛護相談センターに持ち込まれなくとも、
餓死や病死、事故死や天敵にやられたりして苦しみながら死んでいく仔猫がたくさんいます。

それが自然淘汰というものだ、昔はみんなそうだったんだよ、
という方がいますが、それは昔のことであって、今は違います。

家族の一員として大切にされている猫たちがたくさんいる一方で、
そんな風にひっそりと消えていく命があっていいはずがありません。


さらにわたしたちは地域ボランティアですので、
そういう観点からみても、
今仔猫が生まれているような場所はすでに猫の数が多く、
ご近所トラブルや、猫嫌いな住民からの虐待がある場所が多いです。
そうなってしまうと「猫」と聞くだけで嫌悪感をもつ住民が増え、
地域の理解と協力が必要な「地域猫活動」はますます難しいものとなり、
手がつけられなくなります。

そんな現場を数多く見てきた結果、
わたしたちは無理をしてでも仔猫を保護し、かならず母猫に手術をしてもらう、
という今のやり方に至りました。

この方法にはたくさんの方の支援が必要です。
保護猫を預かってくださる方、里親になってくださる方、
協力してくださる動物病院の先生がた、
そして手術費用や医療費を寄付してくださるみなさま。

今わたしたちががむしゃらに後先考えずに活動できているのは、
みなさんのご支援あってこそです。

心の底から感謝しています。
これからも、どうか猫たちを助けてください。



オリジナルチャリティーグッズ販売中!
売り上げはすべて活動資金になります。
こちら から購入できますので、宜しくお願いします!

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、
ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ



キャッチミーイフユーキャンを買っていただくと売上の1%が会へ寄付されます!

スポーツペット (SPORTPET) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 スティックつき



[PR]
by musashino-cat | 2015-06-14 01:02 | 会の活動全般 | Comments(2)

外で生まれた仔猫の運命。

今週も仔猫がたくさん保護されています。
写真がないのですが、すみません。
保護活動中は写真を撮っている余裕はありません(/_;)


土曜日、住宅街でNさんが仔猫2匹を発見。
日曜の夜にまずは白黒ちゃん1匹を保護しました。
そしてもう1匹の黒ちゃんが今日保護されました。
ですがこの黒ちゃんは片目がつぶれていました…。
もう片方はどうやら見えているようですが、今後治療を続けないといけません。
どうか片方だけでも、見えるようになりますように。
そしてこの子がしあわせなお家に迎えられますように。


日曜日には、5月に4兄妹が保護された場所で
別の仔猫1匹が保護されました。
じつはここにはママニャンが2匹いたのですが、
1家族4兄妹しか見つからず、ご近所の方も見かけないとおっしゃっていました。
もしかしたら仔猫は育たなかったのかも…
それならばママニャンの手術をしないと、と言っていた矢先。
仔猫が2匹、現われたのです!
あぁ、よかったーー
仔猫を残してママニャンを連れて行ってしまうところでした。

わたしたちは、母猫と仔猫がいた場合は、
必ず先に仔猫をすべて保護します。
そして最後に母猫をTNRします。

まだ1匹保護できていませんので、早く保護できますように。
そしてママニャンも不妊手術をして、
これからは自分のニャン生を穏やかに生きられますように。


今日、1本の電話がかかってきました。

市内のとあるコンビニの裏の排水溝に仔猫が1匹いて鳴いていた、と。
近づくと逃げてしまうのでどうしたらいいのかわからず、
帰ってネットで調べて会のことを知り、電話をしてきたそうです。

すぐにNさんに電話をして、現場に行っていただきましたが、
仔猫はいませんでした。
Tさんも合流し探しましたが見つからず。
コンビニで聞いてみると、悲しい結果が待っていました。

その子猫は、道路に飛び出し、轢かれてしまったそうです。




どの子もみんな助けたいですが、実際はそうはいきません。
母猫がどこかへ行ってしまった乳飲み子、
事故に合う子、カラスやハクビシンに襲われる子、
ゴミ袋に入れられて捨てられる子、
風邪をひいて目がつぶれてしまう子。
どんな子だって、命の灯が消えてしまう前に手を差し伸べることができれば
きっと優しい里親さんに迎えてもらえると信じています。
でもすべては叶いません。

あのときああしていれば、こうしていれば。
後悔ばかりが頭をぐるぐると回ります。

でも、気持ちを切り替えて、
苦しみながら天国へ行ってしまった子たちのためにも
これから出会うたくさんの子たちが
しあわせになれるお手伝いがしたいのです。

まだまだ保護すべき子がいます。
Nさんたちが毎日懸命に、保護に向けてがんばっています。
疲労困憊、満身創痍の中、毎日毎日、何件も掛け持ちで。

この活動がいつか実を結ぶことを願わずにはいられません。

その結末がどんなものなのか、
今の私には想像する余裕はありませんが―――。


なんだかまとまりのない、センチメンタルな内容になってしまいました…
うじうじしていないで、今の自分にできることをやっていくんだ。



オリジナルチャリティーグッズ販売中!
売り上げはすべて活動資金になります。
こちら から購入できますので、宜しくお願いします!

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、
ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ



キャッチミーイフユーキャンを買っていただくと売上の1%が会へ寄付されます!

スポーツペット (SPORTPET) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 スティックつき



[PR]
by musashino-cat | 2015-06-12 00:26 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

仔猫祭り。

この1週間、ぴーたん騒動でヤキモキしていましたが、
その間にも仔猫祭りは継続中でした。

こちらの3兄妹は、
ママに連れられて会員さんのお宅のベランダに。
c0268274_23153355.jpg
縦列駐車ですか?
c0268274_23153471.jpg
c0268274_23153475.jpg
1ヶ月半までママに教育されていたので、シャーシャーいうそうです(^_^;)
ママと離して申し訳ないけど、お家の中に入った方がきっと幸せになれるから。
ママ、ごめんね。こどもたちはきっと幸せにします。

ママには不妊手術を受けてもらいました。
これからは自分の猫生をのんびり暮らしてもらえればと思います。


そしてもう1件。
ある公園に突然、ガリガリにやせ細った仔猫2匹が現われました。
まわりにママがいる様子もなく、その場所は毎年捨て猫がある場所です。

急いで病院に連れて行きましたが、
脱水と栄養不足で首をつかもうとしてもつかめないほどでした。

預かりさんのお家にいってご飯をあげたら、バクバク食べたそうです。
きっとものすごくお腹が空いていたんでしょうね…。
食欲があればすぐに元気になるでしょう。
すくすく育って、やさしい家族に迎えてもらおうね。

それにしても捨て猫は本当にゆるせません。
生まれたばかりの仔猫がいきなり放置されて、
どうして生きていけると思うんだろうか…。



オリジナルチャリティーグッズ販売中!
売り上げはすべて活動資金になります。
こちら から購入できますので、宜しくお願いします!

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、
ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ



キャッチミーイフユーキャンを買っていただくと売上の1%が会へ寄付されます!

スポーツペット (SPORTPET) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2 スティックつき



[PR]
by musashino-cat | 2015-06-07 23:44 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧