<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

行き倒れの茶トラ君

昨日の譲渡会の最中に保護された子に会ってきました。
c0268274_23053835.jpg
c0268274_23053799.jpg
とても大きな茶トラの男の子。
手足も大きく太く。
聞いていたよりも若く見えました。

電話では、もうほとんど回復の見込みもなく…
という感じでした。

でも会ってみたら意思のある目でこちらを見つめてきます。
先生に向かってにゃーにゃーと必死になにかを訴えています。

ですが左半身は動かず、右半身も腕が少し動かせるぐらい。
左側には感覚もないようです。
起き上がることはできず、自力で排せつもできません。
ご飯もほとんど食べないそうです。

血液検査の結果、内臓系には問題はないそう。
頭か首の問題で半身マヒになったのか。

レントゲンやMRIを撮らないとわかりません。
でも、そこまでする必要があるのか?
この子にどこまでしてあげるのがいいのか?

この子を保護した方は迷っていました。
自分で保護することもできず、
どのくらいかかるかわからない医療費を払い続けることも難しく、
「あのまま放っておけばよかったのか」
そんな風に思われたそうです。

でもこの子が必死に訴えてきたので後先考えずに保護しました。

おかげでこの子は寒空の中放置されずに
あたたかい病院にいられます。

おしっこがたまったら出してもらい、
からだが痛くならないようにからだの向きも変えてもらえます。

とにかく今はゆっくり眠ってね。
そう言いました。

この子の経過はまたお知らせします。




******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-30 23:21 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

譲渡会の報告と、行き倒れの猫

今日は譲渡会でした。
少し寒かったですが天気もよかったので
たくさんの人がきてくれました。
今日は66匹が参加して、19匹にお申し込みがありました。
c0268274_23104023.jpg
c0268274_23093482.jpg
c0268274_23093373.jpg
c0268274_23093348.jpg



譲渡会の最中に、電話がなりました。
武蔵野市内で行き倒れの猫を保護された方から。

先生の見立てては10才を超える高齢の茶トラの猫さん。
ガリガリに痩せ、道で倒れてにゃーと鳴いて助けを求めてきたそうです。
保護した方は通りすがりにその子を見て
後先考えずに保護し、病院へ連れていったのだとか。
ですがその方のお宅では保護することができず、
今は病院に入院させています。
とりあえずは点滴などで治療を。
これからその子をどうするのか。
「できれば保護して優しい里親さんに迎えてもらいたいです」
そうはいっても現実は難しい…。
明日、様子を見に行ってみます。

外で暮らす猫たちの厳しい現実を日々目の当たりにします。
みんなみんな助けてあげたいけれど…。



******
チャリティーグッズを販売しています。
ポストカードや缶バッジの購入でご支援お願いします♪

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
地域猫や保護猫たちのご飯や日用品がたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-29 23:17 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

冬が来ると想い出す

1年前、わたしは毎日保護部屋に通っていた。
今頃はコロちゃんが貧血になってしまって
でもがんばっていた頃。
今思い出すだけでも胸が苦しい。
c0268274_00553088.jpg
白血病を発症し天国へ行ってしまったけど、
ずっと忘れない。
コロちゃんはわたしにたくさんの思い出と覚悟をくれた。

コロちゃんの兄妹たちと、同じく白血病キャリアの大地は
元気にしています。(これは保護部屋の頃の写真)
c0268274_16374207.jpg
Eちゃんのお家で愛情たっぷりもらって。
このままずっと白血病なんて忘れて元気でいてほしい。

もうすぐクリスマスだから、
みんなの大好きな純缶でも贈ってあげようかな。

毎日毎日たくさんの出来事があって、
日々を一生懸命生きているみんなのことを忘れそうになることがある。
目先のことでいっぱいになってしまう自分が憎い。

毎週のように保護される子たち。
なかなかお家が決まらずにいる子たち。
今を懸命に生きているキャリア組。
そして
どんどん寒くなるお外で一生懸命生きている子たち。

みんなをしあわせにしてあげたい。

でも実際にしあわせにできるのは
それぞれの目の前に一緒にいてくれる人たち。
ひとりにひとつずつ、大切なもの。
それが理想的。

どの子にも、どんな子にも、
愛してくれるだれかができますように。


******

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
地域猫や保護猫たちのご飯や日用品がたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

チャリティーグッズを販売しています。
ポストカードや缶バッジの購入でご支援お願いします♪


少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-25 00:40 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

「猫も人もハッピーな街を作るには?吉祥寺の場合」

少し前に「女子SPA!」という女性向け情報サイトから取材依頼があり
その時の記事が配信されました。


女子SPA!は雑誌「SPA!」が運営する女性向けのサイトで、
ターゲットは若い女性。
ほとんどの読者は恋愛やファッション、
アイドルやダイエットが興味の対象で
そういう記事がほとんどだと言います。

ですがあるとき「殺処分」についての記事を配信したところ、
「いいね!」の数が過去最高になったのだとか。

そこでさらに「地域猫活動」についての記事を作ろうと言うことで
むさしの地域猫の会へ取材依頼がきたのです。
ちょうど「吉祥寺ねこ祭り」の時期でもあったため、
「吉祥寺」「お祭り」という若い人にも目につきやすいポイントも含めて
重たくならない記事にしてくださいました。

取材をしてくださったのは、
最近公開された映画「先生と迷い猫」の原作「迷子のミーちゃん」の作者・木附さん。
木附さんもご自身でたくさんの猫を保護されてきた愛猫家。
カウンセラーもされている木附さんはとてもお話ししやすく
猫好きという共通点もあり、とても楽しくあっという間に時間が過ぎました。
(オフレコ的なことも結構しゃべってしまった気がするけど…)



毎日を生きることに精一杯な若い女性でも
犬や猫の殺処分という現実に向き合い記事を読んでくれる。

猫流行りの昨今、
かわいい猫画像や猫グッズに癒されるだけでなく、
実際に生きる猫たちの現実を知って、
なにかを感じてくれたらありがたい。

この記事を読んだことで、
次にノラ猫を見かけたときに単に「かわいい~」だけではなく、
「かわいいけど、毎日生きるのに苦労してるのかな」とか
知り合いが猫を飼うときに
「保護猫を迎えてみたらどうかな?」
なんて教えてもらえたりしたらうれしい。

ノラ猫のこと、地域猫のこと、保護猫たちのこと、
そういうことを知らなかった幅広い読者層にアプローチできれば、
という女子SPA!さんの気持ちに感激しました。
ありがとうございました。

この記事は数回に分けて配信されるそうなので、
こまめにチェックしてみてください。



さて、来週の日曜日は武蔵野プレイスで譲渡会です!
c0268274_22212398.jpg



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-21 14:01 | 会の活動全般 | Comments(0)

今日は譲渡会でした。

今日は午後からおひさまも顔を出し、
譲渡会はなかなかの盛況でした。
c0268274_22500207.jpg
44匹が参加して、16匹にお申し込みが入りました。
c0268274_22500232.jpg
グッズもたくさん買っていただき、
募金もたくさんいただきました。
これからの大切な活動費となります。
ありがとうございます。

これから年度末までは、会費の納入や寄付なども少なくなる時期ですが、
手術しないといけない子、保護すべき子がたくさんいます。
保護猫もまだまだたくさんいますので、毎日のご飯代や医療費などがかかっていきます。
今から春までが、資金的には一番厳しい時期なのです。
c0268274_22500330.jpg
わたしたちの活動はすべてボランティアですから
お金がないから手術できない
お金がないから保護できない
というのは仕方のないことです。

ここ数年は
武蔵野市で飼い主のいない猫たちの手術をする方には
すべて助成金をお支払いできています。

市からの補助金もいただきますがあっという間に尽きてしまいます。
それでも地域猫活動を地道に進めていくためには
すべての方にいつでも助成金をお支払いできないといけません。

その資金は、活動に賛同してくださる方から頂いたご寄付や募金、
グッズの売上や街頭募金などで得たものを充てています。

これからも武蔵野市の地域猫活動が進み、
より多くの猫たちを家猫にできるように、
一生懸命がんばっていきたいと思っています。

・・・

今日も、学生さんから取材を受けました。
最近大学生からの取材がとても多いです。
獣医学生さんだけではなく、工科大や美術大などいろいろ。

地域猫活動が、猫を助けるだけではなく
地域の問題を解決する重要な役割を担っているからですね。
若い人たちがこの活動に興味をもってくれるのは、
とてもうれしいことです。

彼らがわたしたちぐらいの年齢になったときには
殺処分なんてなくなって
犬も猫もみんなだれかの家族になっていて
「地域猫活動っていうのが昔はあったんだってね~」
なんて時代になってくれたら、とてもうれしい。



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-15 23:17 | 会の活動全般 | Comments(0)

猫好きが、秋の夜長に聴くべき音楽

それにしても毎週末雨ってのは困りますね…。
明日は譲渡会だから雨やんでほしいなぁ。

さてそんな雨の土曜日。
家で譲渡会準備やメールの返信など
事務仕事のBGMとして聴いているのがこちら。

近藤研二 ファーストソロアルバム『子猫のロンド』
kenji kondo 1st.solo album / kitten rondo

c0268274_10263616.jpg
こちらは、近藤さんとモイちゃんの録音風景(?)



アルバムはこちらから購入できますよー
今ならポストカード付き(たぶん絶対、猫)


吉祥寺ねこ祭りの「kissa kichijoji 猫のいる暮らし展」で
マルオくんとモイちゃんの猫愛あふれる展示をしていただいた近藤研二さん。
c0268274_23585202.jpg
今年の春、山田稔明さんと一緒に譲渡会にきてくださったのがきっかけですが、
最初お会いしたときにはただの「猫好きな人」でした。
が、にゃんと、元栗コーダーカルテットの方で(知ってるし!)
Eテレの「2355」とかの音楽を作っている(いつも見てるし!)
ご高名な音楽家さんだったのです~(^_^;)あぁすみません…。

そんなこんなで近藤さんのアルバム、おススメです。
インストゥルメンタル(歌詞がない)ですが、
どれにもストーリーがあって、楽しい気持ちとか
ウキウキする感じとか、たおやかな流れとか
そういう風景が頭に浮かぶんです。

心地よく、お仕事ができます!(このブログを書いているときも)

近藤さんいわく、
「低刺激な音なので猫もイカ耳にならなくてすむかなあと自負しております」
とのこと。さすが猫好き。
たしかにうちの子らも傍らで爆睡してますね。

愛猫モイちゃんのモデル級にカワイイお姿も見られますよ。
モイちゃんも、保護猫出身です。


近藤さんも山田さんも、むさしの在住の音楽家さんですが、
ただならぬ猫好きです。
もちろんその作品にもただならぬ猫愛が漂っています。

だから猫を愛するたくさんの人に知ってほしいです。



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-14 18:38 | 個人活動 | Comments(0)

「地域猫・保護猫出身 ウチの子★写真コンテスト」結果発表!!

10月の吉祥寺ねこ祭り期間中に募集していた
「地域猫・保護猫出身 ウチの子★写真コンテスト」

ニャンポジウム会場で投票をしていただいた結果が出ました!
【第1位】地域猫さん
c0268274_12504257.jpg
【第2位】Mahalo(マハロ)ちゃん
c0268274_12504368.jpg
【第3位】金四郎くん
c0268274_12504347.jpg
【第4位】タラコちゃん
c0268274_12504281.jpg
【第5位】咲耶(さくや)くん
c0268274_12504277.jpg
【第5位】小夏ちゃん
c0268274_12504386.jpg
【第5位】地域猫さん
c0268274_12504326.jpg
以上、上位5位までの作品です。
地域猫さんが堂々の1位になったのがうれしかった~

今回のコンテストには、57名の方から158点の作品が寄せられました。
投票する人たちも「みんなかわいいから、選べません~」と言っていました。
c0268274_08071037.jpg
ニャンポジウムのあとは、
吉祥寺に大きな店舗を構えるユニクロ吉祥寺店さんで
10月いっぱい展示させていただいていました。
c0268274_08071165.jpg
人通りの多い場所なので、
いつ行っても誰かしらが目を細めて猫たちを見つめていました。
見ている人から
「猫を飼いたくなるね~」
というセリフを聞いたので、急いで譲渡会のお知らせを貼ったりしました。

写真を応募してくださったみなさま、
投票してくださったみなさま、
準備をお任せしたFさん、
お手伝いしてくださったみなさん、
展示をしてくださったユニクロ吉祥寺店さん、
ありがとうございました!!

来年もやりたいなぁ~
(大変だけど…)


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-13 13:07 | 会の活動全般 | Comments(0)

猫を助けたいと思う人たちがいる、ということ。

11月に入ってから、相談件数が増えています。

お庭にくる猫たちの不妊手術をしてあげたいのですが
昨夜から近所で仔猫が鳴いています
怪我をしている仔猫を見つけてしまいました

みなさん、不遇の猫たちを放っておけない優しい方たちです。
飼い猫ではないけれどTNRをして見守ったり、
ご自身で保護され里親さんを探したり、
保護にかかる費用のご負担をしてくださったり、
目の前にいる猫たちを助けようと一生懸命です。

ですからできるだけ、ご協力したいと思っていますが、
この活動は地域地域でやっていかないと無理が出てしまいます。

むさしの地域猫の会は、武蔵野市で活動しています。
ですから、それ以外の地域からの相談には
基本的には地域の団体さんを紹介したり、
行政に相談していただいたり、という対応をしています。

こんなとき、思います。
目の前に助けたい猫がいたときに、
どの地域でも丁寧に相談を受けてくれる行政の窓口があったらいいのに、と。

この夏に保護されたトーラ。
c0268274_00445218.png
この子は、保護された方が地域の行政に相談したとき、
「放っておけばどこかにいきますから」と言われました。
半身マヒで虫がたかり、瀕死の状態だったのに。

新聞やネットニュースを見ると、
どこそこの市が殺処分ゼロ宣言を掲げた、などのニュースを見ます。
日本全体がオリンピックに向けて「殺処分ゼロ」を目指し動いています。
だから保護施設を作り、地域猫活動を推進したりしているのでしょう。

でもたとえば
外に病気やけがで死にかけている猫がいたときに
トーラのように「放っておかれた」としたら…
その子たちは外で人知れず死んでいくのです。
保健所やセンターでの「殺処分」ではなかったとしても
結果的に、もっとひどい最期を送ることになります。

前にも書きましたが、殺処分される子よりも、
そんな風に人知れず消えていく命の方がよっぽど多いはずです。
ドリームボックスで殺される命がなくなったとしても
誰にも助けられずひっそりと死んでいく命が増えたとしたら…。

そういう子たちもすべて助けるというのは、
今はまだ無理かもしれません。
でも、目の前の消えそうな命をなんとかしてあげたい
と思う人たちがいる限り、対応できる場所が必要です。

相談される方たちは口をそろえて言います。
「どうしたらいいのか、全然わからなかった」
そして無事に目の前の命を助けられたとき、
みなさん涙声でお礼を言ってくださいます。

こんなときにせめて、方法を伝えたり、
アドバイスをしてくれたり、そういう場所が必要です。

どの地域にもわたしたちのようなボランティアが存在し、
少なからず行政は把握しています。
そのことを伝えるだけでも、できないものでしょうか。
行政では直接できなくても、地域のボランティアと協力して
そういう人や動物たちを助けられないでしょうか。

そんなことを想う11月。
まだまだやるべきことが山積みです。


追記

この記事を書いている最中に、こんなニュースを目にしました。

23区はすべて、区から助成金が出ているんですね…。
助成金額もかなり高額です。
ですが、トーラがいた場所も23区でした。

TNRは人のための活動であり、
目の前の猫を助けること(動物愛護)とは違います。
ですが千代田区では、2014年からワクチン代などの医療費の助成も出ているんですね。
しかもニャンとなる会の方々は、区と一緒に、区の仕事として、
この活動をやってらっしゃる。素晴らしい…。

このあたりの折り合いをどうやってつけていったらいいのか。
わたしたちの今後の課題でもあります。



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-08 23:09 | 会の活動全般 | Comments(4)

猫好きが、秋の夜長に読むべき本

秋の夜長と言いますが、どれだけ時間があっても足りません…。
というグチは置いといて。
今日は、秋の夜長におススメの本を紹介します。

猫と暮らしている人
かつて猫と暮らした人
これから猫と暮らしたいと思っている人
猫が好きな人
いい小説が読みたいと思っている人
みーんなにおススメです。

ですが、とくに猫と暮らした経験のある人は要注意。
「電車やカフェでは読めない」
「顔がガビガビになる」
「嗚咽がもれるほど泣いて猫たちが集まってきた」
などの意見が続出していますので気をつけてくださいませ。

翌日デートとかある日もやめた方がいいかも…?
でも個人的には泣きはらした顔もいいねと思ってくれる相手じゃなければ
やめておけ!と言いたい(^_^;)

こんなことだけ書くと「どれだけ悲しい話しなんだ!」と躊躇されるかもしれません。
でもね、違うんです。
たったひとつの、ちいさくて、でもなによりも大切な
かけがえのない猫という生き物が
こんなにもこんなにも愛されている。
そのことを目の当たりにして、泣けてくるんです。
闘病シーンなどはもちろん、悲しくて泣けてきます。
でもそれよりも、山田さんにこんなにも愛されたポチは
なんてしあわせなんだろう!
その絆に泣けてくるんです。

だってこのお話し、本当のことなんですよ…。
小説とはいっても、ほとんど山田さんの本当のお話しなんです。

猫は、単なるペットではない。
大切な家族なんだということを改めて思い出します。

あ、それと、わたしがモデルになった人物もちらっと登場します(^.^)
地域猫のことなどにも少し触れていただいてますので、ぜひ読んでみてください。
c0268274_14421601.jpg
音楽家の<僕>が愛猫と過ごした愛おしい季節
三毛猫ポチが招き入れた奇跡の物語

『猫と五つ目の季節』 山田稔明

出版社:ミルブックス |2015年11月3日 発売 価格1300円(+税)
四六版 ハードカバー 176ページ ISBN978-4-902744-79-8 C0093

日々のささやかな風景を鋭い感性で繊細に描写した歌詞で定評のある
シンガーソングライター・山田稔明(ゴメス・ザ・ヒットマン)が
愛猫と暮らした13年を魂込めて綴った、自伝的初小説

★内容紹介
吉祥寺、葉山を舞台に繰り広げられる、猫と人との種と時間を超えた感動の物語。
著者が経験した、奇跡のような実体験をそのまま小説にしました。心地よい感動の後
自分にとって本当に大切なものは何か、それを見つめ直すきっかけを与えてくれる
愛に溢れた物語です。さらには猫と暮らす上での大切な基礎知識も丁寧に描いており
猫のことを知るため、猫を飼うためのマニュアル書としての実用面も兼ね備えた
今までにない「猫小説」です。


これだけで泣いちゃうような予告編はこちらから。



購入は最寄りの本屋さんか、こちらまで。

Amazonでも販売しているようですが、
上記サイトから買うとポストカードなどがついてますよー


この本を読んでから、
山田さんの本業であるアルバム「the loved one」を聴くとより一層泣けてきます。
猫関係者がこぞって「なぜだか泣ける」とうわさのこちらもおススメです。
収録曲「猫町オーケストラ」は山田さん公認「むさしの地域猫の会」テーマソングです!

ちなみに個人的にいちばん好きなのは「あさってくらいの未来」という曲ですが、
これはまた別のアルバムに収録されております…。




次の譲渡会で「the loved one」を流そうかと画策中…。
c0268274_22212398.jpg


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-07 15:27 | 個人活動 | Comments(0)

kissa kichijoji-猫のいる暮らし展-

10月が終わり、吉祥寺ねこ祭りも終了しました。
今年は個人的にがっつりと関わったので大変感慨深いです。

一昨日、kissa kichijoji-猫のいる暮らし展-の撤収をしてきました。
c0268274_00333490.jpg
c0268274_00333327.jpg
この1ヶ月、わたしは週5でここに通いました。
会社が終わって、西友で夕飯の買い物をする前に寄るんです。
ひとしきり眺めて、感想ノートを見て、しばしぼーっとする。
ときには涙する。
仕事が大変でも、猫活動で嫌なことがあっても、
ここにくると、ぽわっと、穏やかになれる。

なんでだろう?

でも、気づいたんです。

あの空間には「猫愛」しかなかったということに!!

猫をなによりも大切に思う人たちの作品と
それを楽しみに見に来る人たち

だからあそこが大好きだったんだなぁ。



わたしは猫が好きで幸せな猫を見たいからこんな活動をしています。
困っている子、悲しい思いをしている子なんて、まっったく見たくも聞きたくもない!
それが本音ですよ。
幸せに暮らしている猫たちだけ見て過ごしたいんです。
うちの3兄妹がうだうだケンカしてるのだって、こらーーー!って思うくらいです。
でも実際見聞きするのは正反対。
どうしてもしあわせには見えない猫たち。
猫にかかわる人間の有象無象。

もちろんうれしいことだってたくさんあります。
でも、そうでないことの方が多い…。

いや、でも、毎日美味しいものだけ食べていたらそれも美味しく感じないはず。
たまーに美味しいもの食べるから、ひときわ美味しいんだよね。
うん、そうだそうだ。

だから猫のいる暮らし展の間は、
わたしにとっては毎日がごちそうのような日々。
とても贅沢でしあわせな1ヶ月でした。

山田稔明さん
近藤研二さん
大塚いちおさん
イナキヨシコさん
石坂しずかさん
木下綾乃さん

本当にありがとうございました。
おかげでまたがんばることができそうです。



追記

昨日、横浜で地域猫不審死のニュースがありました。
あの事件でマスコミからたくさん取材依頼がきました。
TVの人たちはみな、地域猫と一緒にカメラに向かってコメントを、
とか無理難題を言ってくるので協力できなかったんですが、
ラジオさんにはご協力させていただきました。
おかげでこのニュースのことをしかと知ることとなりました。
胸が張り裂けそうに苦しくて苦しくて、
人間が信じられなくて誰とも話したくなくなって、
コピスに行ってみたけどそこにはもう猫愛はなかった…。
代わりに近藤さんにいただいた「子猫のロンド」を聴いて癒されました。
そこにもやっぱり猫愛が満載でした。近藤さん、感謝です。

ふぅ、ひどい事件のせいで愚痴ばっかりですみませんm(__)m


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫シーズンに入り、仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-11-05 01:01 | 個人活動 | Comments(2)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧