<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アニマルウェルフェア?

昨日、殺処分ゼロについて書いたら、
ねりまねこさんのブログに答えが!!


なるほど~
同じようなことを考えている人がたくさんいるんだなぁ。
次の記事が楽しみだ!!

たぶんですけど、
殺処分に否定的な人というのは、
とにかく現場ばっかりで
目の前にはいつもひどい状態の子や瀕死の子がいて
つらい死に目をたくさん見届けて
相談者さんも「役所に言ったけど全然取り合ってっもらえないの」
とか「どこそこに相談したけどダメだったの」
とか、そういう話ばっかり聞いて鬱々しているんです。(わたしがそう)
それで怒りのぶつけ場所として「お上のやることったらね!」と文句を言う。


でも、発信力や影響力があって
みんなを引っ張っていく(もしくは、まさにお上の)立場の人たちが
「動物は最後まで
幸せに生きる権利がある

痛くなく、
苦しくなく、
それは大前提だ」
って、
そんな人間的な、普通の、愛のある心持ちでいれば大丈夫だわ。

まぁでも、考えてみたらあたり前ですよね。
だってこんなことをやってる人はみんな、
別に殺処分の数字を減らしたいわけじゃない。
不幸な動物を助けたいだけなんですから。

だからあとは、その心意気をどんな風に具体化して、
現場(ここでは行政とか保健所、動愛センター)に落とし込めるか。
セミナーやイベントでいくら良いことを言っても、
現場に共有できなかったら机上の空論です。

動愛法で動物の遺棄や虐待が犯罪で罰せられるのに
おまわりさんは、そのことを全然知らなかったりする。
殺処分ゼロに向けての政策が具体化されるときに、
そういうことにならないといいと思います。


今ってほんとうに、運とタイミングなわけです。
たとえば仔猫が警察に持ち込まれたとして、
その担当者が猫好きで助けたいと思ったら即保健所ではなくて
知り合いだったりボランティアだったり、いろいろ調べて助けようとしてくれます。

行政に相談したとしても、
担当者によって対応は全然違いますでしょ。

この人にあたったから助けられた、みたいな運ではなく、
「アニマルウェルフェア」がマニュアル化できればいいですね。
(アニマルウェルフェアって覚えられないなぁ…)


ていうか、困っている人がいたらみんなでワラワラ助けるみたいに、
困っている猫がいたらそこにいる人がみんなでワラワラ助けたらいいんだ。
あら、猫が倒れてる!どうしよう?
とりあえず病院に連れて行こう!治療費どうする?
わたし出すわよ。いや、わたしも出すわよ!
みたいな。
…無理かな。


それにしてもさすがです、ねりまねこさん。
いつもそうなんですけど、
知りたいな~と思っていることをタイミング良く書いてくださるんですよね。

しかも、いつも客観的で公平。
日々たいへんな現場で活動していながら、
世間の動きにアンテナをはって勉強されているからこそ、
こういうことを書けるんでしょうね。

あ~見習わなければ…。


ところで、今年もなんだかんだで保護猫多数のため、
9/11(日)に緊急譲渡会を開催します。
c0268274_23585570.jpg
いつもより参加頭数は少なめ。
春生まれの、少し大きくなりつつある子猫たちがメインで参加します。
小さすぎても体調管理が大変だし、家族に迎えるにはいちばんよい時期の子です。


そして、10/16(日)は「むさしのネコマルシェ」!
c0268274_21335051.png
c0268274_21335133.png


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-30 00:01 | 個人活動 | Comments(0)

殺処分ゼロ、ということについて考える。

9月には動物愛護週間。各地でイベント続々。
この週末は滝川クリステルさんの財団によるイベントが大成功。
「殺処分ゼロ」の勢いはとどまるところを知りません。
本当に、東京で殺処分がゼロになる日は近いかもしれません。

3年前くらいまでは絶対無理!と思ってました。
でも今は、なんだかできそうだ!と思えています。
自分がどっぷりこの世界に入りこんでいるからそう思っているだけかもしれませんが、
とにかくこの変化はすばらしいと思います。



でも、最近考えます。
殺処分がゼロになったら、かわいそうな犬猫はいなくなるのか?

ううん、違う。
非業の死を迎える犬猫がゼロになるのは簡単じゃない。

最近の出来事をいくつか挙げます。

まず、昨年の夏に保護したトーラのこと。
トーラは、23区内のあるお宅の玄関先で倒れていました。
その方はまず保健所と区役所に、相談しました。
対応は、こうでした。
「放っておけばいなくなりますから放っておいてください。」


つい最近、動物愛護相談センターに収容猫のことで問い合わせをしました。
(その子はすでに亡くなっていましたが)
そこで聞いた話なのですが、
センターに収容されるのは、事故などでもうほとんど死にかけている動物だけ。
少しでも生きる可能性がありそうなら放っておいてくださいと言うんだそうです。
センターにいけば1週間で殺処分。
放っておけば、とりあえずは殺処分にはならない。

なるほど。
殺処分を減らす努力なのですね。

でも、放置されたひどい状態の動物は、外でどうなるんでしょうか?
自分で病院に行ける?
ご飯やお水にありつける?
助けて、って言える?


最近、死にかけた猫を助けてくださいと言われ保護することが何件かありました。
ボロボロになって、どこかのお家のお庭に入りこんで休んでいたりするんですね。
最後は安心できる場所を探しているのかも。

みんな最後は、ボランティアさんのお家だったり、病院だったり、
とりあえず暑さ寒さをしのげて、ご飯もお水もある清潔な場所で
誰かに見守られながら死んでいきます。

でも、こういう子はたぶんほんの一部。
放っておけばいなくなるから、と言われて放っておかれた子の方が多いでしょう。
みんながその後生き延びることができたか、というと、違うと思うんです。
暑くて、寒くて、雨が降ったり、のどが渇いたりお腹が空いたり。

これは自然なことなのか。
猫が外で倒れていても助けたら受け入れ先はないのが現実。
自分でなんとかするしかないんです。
でも、死にかけた犬や猫を自分の家に入れて治療したり看取ったり出来る人がどれだけいるか。


それと、これは良いことなんでしょうけど、
センターなどに持ち込む人に対して、説得したりするでしょう。
殺処分はかわいそうですよ、連れて帰ってくださいって(たぶん)。
でも個人的にはうるさいからとか子どもを産んだからとか年取ったからとか、
そんな理由で家族である飼い猫や飼い犬を持ち込む人には
飼う資格はそもそもないと思うんですよね。
連れて帰ってほしくない。改心するとは思えない。


わたしは平日は仕事だし土日もなんやかんや忙しいので、
セミナーやイベントにはなかなかいけません。
だから、殺処分ゼロに向けて行われているのがどういうことなのか、
いまいちわからないんです。

小池都知事も、殺処分ゼロを掲げました。
でも、どうやって?
聞いてみたい。
目指しているのは、
殺処分ゼロなのか、センターの収容数ゼロなのか。

わたしは殺処分ゼロを達成するのに必要なのは
1.地道なTNR活動の徹底(ボランティア)
2.子猫や捨て猫などの保護・譲渡事業(行政とボランティア)
3.負傷動物の受け入れ・治療・看取り(行政と獣医師)
と思っています。


行政が殺処分を減らすためという名目で
住民の相談ごとに対して逃げて放置しているのでは
不幸な猫が増えていきませんかね?

全部がっつり受け止めて、とりあえず引き受ける、
というのは大賛成です。そうしてほしい。(自戒の念を込めて)

まずは受け入れて
治療をする。飼育する。譲渡する。看取る。
でも絶対に、生きられる子を殺したりはしない。
できなかったら動物病院やボランティアに頼めばいい。

行政とボランティアががっつり組んで、
なんならやる気のあるボランティアを職員として雇えばいい。
いつも無給で、しかも私財はたいてやってるんですから、
残業代いらないからこの子たちの面倒みてから帰ります!って人続出でしょう。

たぶん、今の東京では、こういうことができるんじゃないかと思っています。
ドイツとかきっと、そうでしょう?
立派な施設なんかなくたって、今あるもので、
日本人の知恵と創意工夫でいくらだってできそうなもんです。

注:まったくの勉強不足なので、これはあくまでの個人的見解です。


でも、他の地域は違うかもしれません。
毎日毎日大量の犬や猫が持ち込まれて、そんなことやってられないかもしれない。
たぶんそう。地域によってやり方は違います。


それと、むやみやたらに保護すればいいと言ってるわけじゃないんです。
外で最期を迎えたい子もいるでしょう。
ずっと面倒をみている人がいて、その人に看取ってもらいたい子もいるでしょう。
猫にも犬にも人間にも、ひとりひとりに人生があります。
だから絶対にこう!ってことはありません。もちろん。
猫1匹、人ひとりに寄り添って愛のある対応できれば文句のつけようがありませんが、
それはまだまだ先の段階なのでしょう。



わたしは元々、目の前の猫を助けたいという気持ちからこの活動を始めました。
だからとりあえずは、自分の住む地域の子を、そうしたい。
隣の市だって北海道だってアメリカだって、みんな助けたいですけど、
それは今はできませんから、まずは目の前です。
武蔵野市には保健所も専属のセンターもないですから、
そういう場合はボランティア団体がやるしかありません。
でもまだまだ考えていること全部は、できていません。
問題も山積み。
保護猫も山積み(^_^;)


とまぁ、最近はこんなことをうだうだ考えています。
そういうことを、10月にやるイベントで話してみようかしら…と考えています。

馬鹿な話にお付き合いいただき、ありがとうございますm(__)m


むさしのネコマルシェ
2016.10.16(日)
c0268274_21335051.png
c0268274_21335133.png
楽しいイベントになると思いますので、ぜひ遊びに来てください!!



★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-28 22:07 | 個人活動 | Comments(2)

譲渡会のご報告と、ゆずと、捨て猫?

日曜日は譲渡会でした。
しかし暑かったなぁ…
この台風の時期に晴れてくれたのはよかったです。

今回は49匹参加して、14匹にお申込みいただきました。
c0268274_22501439.jpg
c0268274_22501305.jpg
c0268274_22501314.jpg
c0268274_22501307.jpg

参加したのはほとんどが春~夏生まれの仔猫なんですが、
やっぱりどうしても、小さい子の方が人気。
より小さい子にお申し込みが入っていきます。

まぁこの時期はそれでも仕方ないとは思いますが、
少し育って、体調も安定している子の方がいいんですけどね~

支援物資や差し入れをお持ちいただいたみなさま、
暑い中、本当にありがとうございます。


次は9月に井の頭公園です。
c0268274_22531786.jpg
公園はとにかく人が多いから猫たちにとっては大変な場所。
年々、屋外での譲渡会は減らしていますが、
春と秋の良い季節には啓発の意味もあって井の頭公園で開催します。


譲渡会のあとは、ひさしぶりの大好きなゆずに会ってきました。
c0268274_22501264.jpg
預かりさんのお宅でのんびりと過ごしています。
相変わらず甘えん坊で、素直な良い子。
同居人の仔猫たちにお乳を吸われているそうですよ…。
ゆず、男の子なのにねぇ。


そしてくたくたになって帰宅したら、相談の電話が…。

ある河川敷で子猫3匹がミーミー鳴いていたので保護したけれども
猫を飼ったこともないし、自分では保護できないし、どうしたらいいでしょうかと。
c0268274_22502540.jpg
こーんなちっさい子だし、放っておいたら死んでしまうしで、
Aさんに相談したら預かりOKのお返事。
まずはみんなミルクを飲んでくれたそうです。
よかった。。。

そのまま放っておかれたら夜からの豪雨で流されたかも…
いきなりこんな乳飲み子が割ときれいな状態で3匹現われるというのは、
まぁ、だいたい捨てられたんでしょう…。

……。
………。

いろいろ言いたいことはありますが。
まずは君たち、すくすくと育ちましょうね。


というわけで
乳飲み子にも、ちょっと大きい子にも年寄り猫にも
みんなに幸あれ。


ほかにも言いたいことがあったのですが、
近頃本当にもの忘れがひどすぎて困っています。
わたしから返事がない方、今一度ご連絡ください…。


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-22 23:05 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

迷子猫保護しました(→飼い主さん見つかりました)と、ある決意。

この子の飼い主さん、見つかりまして無事に戻っていきました。
よかった…。

昨日の夜、涼しくてうちの猫たちとまったりしようとした矢先に、
公園にここ数日急に猫が現われて、首輪をしているようだけど、
痩せていてお腹を空かせているのでお家がないのでは、という相談が入った。

しかも、とても馴れていてスリスリの子。
そういう子はだいたい、捨てられたのだ。

夜だしどうしようかしら、明日にでも…
と思いつつみなさんに情報共有したところ、
「今すぐに保護しないと!」と叱られた。

Tさんとふたり、早速行って、すぐにキャリーに入った。
一時保護部屋のケージに入ってもらった。

今日、早速病院へ。
c0268274_16100770.jpg
c0268274_16100713.jpg
c0268274_16100895.jpg
c0268274_16100791.jpg
ベンガルのような毛並みの女の子。
歯の様子から推定でも10才以上。
不妊手術済み。
エイズと白血病は陰性。
血液検査の結果は問題なし。内臓も健康。

首には赤いリボンとグリーンの鈴がついている。
でも、飼い猫の首輪という感じではない。

飼い猫の可能性もゼロではないので、
しばらくは貼り紙などで探してもらうことに。

新しい家族を探せるかな。
保護部屋にいた子猫がにゃーんと鳴くたびにシャーと返事をしていたから、
ほかの猫が好きじゃないのかもしれないね。
なににしても大変だったね。
ご老体に真夏のお外生活はきつかっただろうに。
ちと、ゆっくりしてください。




病院に行ったら、
ご近所で地域猫の面倒をみている方に出会った。

その方が面倒をみて、ほとんど飼い猫になっている子が癌になり、
しかものどにおおきな腫瘍ができてしまい、のどを圧迫しご飯を食べることもできない。
それはもう取り除くこともできないくらい大きく、その子の命はあとわずかだった。

その方は安楽死を選んだ。

安楽死。

わたしは何度も、猫たちが最後の最後まで生きようとする姿を見てきた。
死という概念がないのかもしれないし、
そんなことはわからない。
だからこれまでずっと、なにがあろうとも安楽死なんて、と思ってきた。

でもそのせいでこれ以上ないくらいに苦しむ猫や、人を見てきた。
それで思うようになった。

この世でいくらか生きてきて、
最後の瞬間に思うことが、痛い、苦しい。
そんなのはいやだ。
痛みや苦しみのほかに少しでも感じることができるとき、
愛する人や大好きな人、安心できる心のままで最期を迎えたい。

その時間がせまっていた。
その猫と、その人はずっと見つめあって、
良い子良い子となでてもらって、抱っこしてもらった。
腫瘍がのどを塞ぎ、苦しいはずだけど、のどを鳴らしていた。

わたしは最後のときまで一緒にいられる度胸がなかったから、
保護猫と一緒に帰った。


安楽死させるなんて、という人もいるかもしれない。
わたしだって、その場面だけをかじりとって聞いただけなら
ひどい、と思ったかもしれない。
でもわたしは、その方を知っていて、ふたりのことをこの目で見た。
これまでのことも、聞いた。
だからだれにも「ひどい」なんて言わせない。
あの子はしあわせだったに違いない。
あんなに愛してくれる人に出会って、
その人が悩みに悩んで決めたことだもの。

それでもずっとずっと涙が止まらなくて困った。




ここのところ、少し平和が続いてぼーっとしていたら
そんなことではいけないよ!と猫の神様におこられたみたい。

今年は子猫が少ないなどとほざいていないで、
やるべきことがあるのはわかっている。

センターや保健所が殺処分の数を減らすためにしていることが、
外で暮らすノラ猫たちや、その子たちを見守る人たちに
どんな影響をもたらしているのか、少しずつ感じ始めている。

10月までにこのことを自分の中ではっきりさせて、
ネコマルシェで話し合いたいと思っているのだ。




★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-14 16:44 | 保護・譲渡活動 | Comments(1)

つきちゃんと、茶太郎と、ついでにレオ。

お盆休みですね。
前半はたまっている家事や事務仕事をやっつけて、
後半は実家に帰省して甥っ子と遊んできます。

さて、この1週間で、つきちゃんと茶太郎の正式譲渡にいってきましたのでご報告。

まずは、つきちゃん。
c0268274_13341744.jpg
c0268274_13341693.jpg
写真が暗い上につきちゃんが黒いのですみませんm(__)m

つきちゃんは、キャットタワー代わりのらせん階段のあるお家のお嬢様になりました。
なんてぜいたく!

つきちゃんはとーってもいい子で、ご飯もよくたべ、おトイレも完璧。
なにより、性格がすごくいいんですよ~と、里親さま。
そ、そうかぁ…
カフェにいた頃は結構わがままお嬢さまだったけど…
きっと、このお家にピタッと合ったんだろうね。

しあわせに、おじょうさん♪



茶太郎も。
c0268274_13343202.jpg
c0268274_13343247.jpg
にゃんと、手作りのキャットタワーを作ってもらってました!
(まだあまり使ってくれてないと嘆いていましたが…)

カフェではあまり素を出さず、
いつのまにかひっそりと隣に座っている、
ってな感じだった控え目な茶太郎。

表情もなんだか甘えっ子になっていて、
なんだか毛並みも柔らかくなっていてびっくり。
茶太郎の毛並みはブラッシングをしてもなぜかごわごわしていて、
そういう毛質なのね…と言っていたのに。

しあわせにね、おぼっちゃま!


やっぱりなんていうのかね。
みんな、お家の子になるべくして生まれてきたのよね。
で、本当の家族が見つかったら、ぴたりとフィットするんだと思う。


最後に、愛しのレオの最近の様子。
c0268274_13444011.jpg
レオさんよ…
お外ではこんな風にでんぐり返れなかったから、うれしいね。


レオが家族と出会い、わたしは4年間通った餌やりに行かなくなりました。
こないだひさびさにその場所を通ったら、
レオが居た場所には新しいアパートが建っていました。
なんでだか、胸がツーンとなりました。


そういえば、つきちゃんも、茶太郎も、レオも、そのままの名前で暮らしています。
この子たちは子猫ではなく、大きくなってから里親さんと出会いました。
個性もはっきりしていて、何年も生きてきた、それなりの猫生があります。
この子たちの新しい家族はみなさん、
この子たちをそのまま、ありのまま、全部受け入れてくれました。

なんてしあわせなことなんだろうとしみじみ思います。



★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-13 13:52 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

チロちゃんのこと。7~抜糸と医療明細のご報告~

8月4日、チロちゃんは抜糸をしてきました。
以下、Iさんからのご報告です。

c0268274_21494958.jpg
c0268274_21494911.jpg
c0268274_21494966.jpg
報告遅くなりましたが、8月4日チロ抜糸できました。
病理検査の結果やはり左下顎リンパ節に転移が認められました。

左耳先先端部は扁平上皮癌ではなく
なんと皮膚糸状菌症つまりカビでした。

カラーは外れましたが、カビを治さないとならないのでもうしばらくケージ暮らしは続きます。
転移してるリンパのほうをどうするかも、とりあえずカビが完治してから考えることにします。

カビが完治してケージからも開放されるころにはもう少し傷も目立たなくなると思います。
また報告しますね。

<診療費明細>
6/21 (再診料・血液検査CBC ・血液生科学検査・内服薬 ) ¥9698
7/05 (再診料・紹介書類作成料) ¥2160
7/07 (腫瘍科再診料・術前検査・超音波診断・内服薬) ¥23112
7/21~26 (入院治療費・点滴・頭部肥満細胞腫切除術・特殊検査・内服薬) ¥337716
7/29 (再診料) ¥918
8/04 (腫瘍科再診料・内服薬・外用薬・抜糸料) ¥6696
c0268274_21494954.jpg
今回たくさんの方々にご寄付いただき本当にありがとうございました。


以上です。
今回抜糸の際に、病院を紹介してくださったKさんが同行してくれました。
Kさんからはこのように聞いています。
手術した箇所からまだ透明な漿液のようなものが出ているので
2日に1回は抜かないといけない。
漿液を抜くのは出なくなるまでだけど、1週間くらいとのこと。
普段は消毒をしてガーゼを当てておくこと。
糸状菌が顔、頭、手にあるようなので
消毒液と軟膏で対処し、完治させないといけない。
手術と抜糸は終わりましたが、
今後も通院やカビの治療、その後の経過で抗がん剤治療もあります。
チロちゃんも、Iさんも、まだまだがんばらないといけません。

それでもチロちゃんはカラーを外すことができて、
カビさえ治ればケージ生活ともサヨナラできます。

抱っこも大好きな甘えん坊さん。
思う存分甘えられる日が早く来ますように。


<8/10追記>

7/26にチロちゃんへご寄付いただきました。
S・N様 20,000円

ありがとうございます。


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2016-08-07 21:58 | 保護・譲渡活動 | Comments(1)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧