そうか、たくさん書くからタイトルをつけられないんだ

落ち着いているとか書いたらまたいろいろきました。
いつもそうなんですよ…とほほ

いろいろの前にうれしかったことを。

TNRをがっつりがんばらないといけないこの時期
(もうちょっと遅いのですが)
続けて、ご自身でTNRしてくださる方が現われました。
それも猫が多い問題のある地域なのですごく助かります。
うちの会からはしっかり助成金を出して
そういう方の負担をできるだけ減らせるようにしたいと思います。

捕まえたり病院に連れていったりはできるけど
ノラさんたちのためにそんなにお金は出せません、という方は結構多いです。

逆に、自分で実際に活動はできないけれど
猫たちのためになにかしたいです、という方も多いです。

であれば、両者の「できる部分」をドッキングさせればいいのです。

しっかり働いていてお金の余裕がある方が資金を出して
活動できるけどお金が足りない~、という方がTNRや保護をする。

その間に、信頼できる団体が入ればスムーズに活動が進みます。

そんなこといっても、実際はそのバランスは悪く、
やっぱりボランティアの負担は大きくなります。
お金も出すし労力も使うしストレスも大きい。

そのへんをうまくとり仕切れる良い方法はないものかなー
なんだかぼやっと見えているような気もするんだけどなーー
いろいろ勉強不足なので2月3月に多いセミナーや勉強会に出てみようと思ってます。


さて今日はまず、頭を抱えている餌場問題から。
そこは数年前に会で一斉TNRをした場所。
そのあたりはずっと猫が多かったのでみんな猫に迷惑をしていて
リターンした子たちの餌場がなかったんです。
でも猫好きのおばあさんがいらして、自宅の敷地で餌やりを許してくださった。
でも最近おばあさんが高齢になりその土地もなんとかしなくちゃならなくなった。
で、ここで猫に餌をあげるのをやめてください、ってことになったのです。
そうしたらもう、猫たちはご飯を食べる場所を失います。
どうしたものか…
なんとかこれからも餌場を貸していただけないかと直談判に行きましたが、
やっぱり許していただけず。。。
それはね、よくわかるんです。ご迷惑なのは重々承知しています。
でも、猫たちもそこで一生懸命生きているんです…。

という現場(/_;)

そのあとに行ったのは、捨て猫疑惑の子。
4~5日前から急に現われた残念な前髪系の白ブチくん。
ややこしい性格で、近寄ると逃げるしシャー言ったりするのですが、
どこかのタイミングで気を許すと急に足もとにまとわりついて
なでなでし放題、抱っこもできちゃう、みたいな子。
おそらく去勢済みの男の子。

状況から察するに、捨てられたのではないか、と。

家の中でぬくぬくと育ってきた子は、
急に外に追い出されたら生きていけません。
そんなことはよーく考えたらわかります。
でも、捨て猫は後を絶ちませんね。なんででしょうか。

明日は雨が降るみたいなのでがんばって保護したいなぁ。


というわけで老猫も含めてたくさんおっきな子が保護されて
新しい保護猫の受け入れが難しくなっています。

預かりボランティアできる方、ご連絡ください。

もっと言えば、保護猫の家族になってやってください。

来週の日曜日は三鷹で譲渡会があります。
c0268274_18084761.jpg

金曜の夜にひさびさに近場温泉でリフレッシュしてきました!
温泉ばんざい。



SWITCH見てますが
齋藤獣医師、なんだこの説得力は…。
わたしもこれだけ賢かったらと思う。

動物が「ハッピーかどうか」を考える

動物を助けて「あげる」と考えるのは間違っている


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2017-02-04 22:40 | 個人的なこと | Comments(0)

徒然

今年に入ってから落ち着いていて
(抱えている問題はたくさんあるけども)
日々の生活の方に向き合うことができてます。

晩ご飯は野菜を多めにしようとか
健康のためにたくさん歩こうとか
部屋を少しずつ片づけていこうとか
ピアノを習いたいなぁなんて思ったり

去年は前半の半分で喜怒哀楽の1年分を使い果たすくらいだったので
こころを回復させるために良い時期になってるのかなぁと思います。


まぁ猫活動は仕事のようなものなので
年度末で苦しくなる収支に頭をひねったり
相談電話やメールに対応したり
ようやっと広報紙を発送したり
PECOさんからリレーエッセイの依頼をもらって書いてみたり
毎日いろいろやってます。

そんななかで最近、
高齢の方から猫がほしいんですという相談をもらいました。何人かから。
譲渡会のポスターをあちこちに貼っているので
ネット環境にはない方からもよく問い合わせをいただきます。

実際には保護猫を譲渡するのに高齢の方はハードルが高いです。
おひとり暮らしだったり
飼い方がわたしたちが求めるものと違っていたり

みなさんこう言います。
ずっと猫と暮らしてきました。
飼っていた猫は死んでしまったけれど
とにかくさみしくてね。

で、わたしは思います。
こんなに猫をほしいと思っている方になんであげられないんだろう。
きっと家族以上に大切にしてくれるのに。

猫の方が長生きをするからとか
脱走させてしまうからとか
保護猫を託せない理由はいくらでもでてきます

でも最近では
家に迷い込んできた猫を飼うとか
歩いていたら猫を拾ったとか
そういうことは減ってきたのだと思います。

保護猫を飼うという選択肢は広まってきましたけど
本当は、庭にやってきた子猫を家に入れましたとか
そういうのがいちばん良い出会い方だよなぁって思うんです。

ちゃんとした家があって
健康で経済力もある家族がいて
猫を育てるために勉強もしてくれて
そんなお家で暮らすのが猫にとってはいいと思います。もちろん。

でも、そういうのを飛び越えた絆とか愛情はあって
人間にしたってそうだけども
お金がなくても限られた時間でも家族だったら一緒がいいと思う
本人たちが望んでいるならなおさら

でもじゃあ、そういうのをひっくるめて
どうぞって手を差し伸べることができるかというとそれは無理なわけで

ボランティアだからと言いつつも
仕事のような形式ばったことしかできない
でもたくさんやろうとすると、そうせざるを得ない

そんなことを考えています。






今日は用事があったので有給を取って休んだ
良い天気だったので用事を済ませて公園にいっておにぎりを食べた
ひさびさに昼間の公園にいったら池でカモが泳いていて
でも、コイはもういない
詳しいことは知らないけれども
少し前に公園をきれいにしようとか言って
かいぼりをしていたのは知っていた
その間コイはどうするんだろうと思ってて
最初の頃は端っこの狭いところにコイを追いこんでいた
でもそのうちかいぼりも終わって水も入って
コイも戻るかなーと思っていたのにコイはいなくなった
少しして誰かに
コイは全部ミンチにされて家畜のえさにされた
と聞いた
たぶんコイ以外の生き物も一緒
公園をきれいにすると言ってコイたちは殺された
池で泳いでいたカモに
こんなところにいたら殺されちゃうよ、と言いたかった
東京オリンピックで東京をいろいろ改造しなきゃならんだろうから
新しい建物を建てたり道路を整備したり
そうしたら居場所をなくす生き物がたくさん出てくるだろう
人間がいちばん東京を汚してるってのに



[PR]
# by musashino-cat | 2017-01-30 18:56 | 個人的なこと | Comments(8)

譲渡会のご報告

今日は本当に寒かったですね。
寒いと外で暮らしている子が心配すぎるので本当に困ります。

さてそんな酷寒の中、行われた譲渡会。
武蔵境商店会連合会さんのおかげであたたかい室内。

c0268274_18083014.jpg
43匹参加して、14匹にお申し込みがありました。

飼っていた猫さんが亡くなられたからとご飯をくださった方も。
ご寄付もいただいてありがとうございました。
存分にその子のために涙を流してあげてください。
それからまた新しい家族を迎えにきてください。
その愛情を待っている子がいます。


さて2月はひさしぶりの三鷹COREさんでの譲渡会。
とっても素敵な会場なのですが
保護猫の数が多いと入りきらないのです…。
たぶん2月も猫と人でぎゅうぎゅうですが、
あたたかいお家と愛情を待っている子が参加します。
ぜひみなさん、お知り合いにもお声掛けを。

c0268274_18084761.jpg
あ、ただし、
ポスターの子猫のような月齢の子はいないと思います。

最近やっぱり多すぎて選べないという方のことが気になります。
ミニマム流行りのこの時代、少し考えないといけないのかなぁ?
でもたくさんいるんだもの、しょうがないよね。


★ご支援のお願い★

からご支援をいただければ助かります。
届いたものはボランティアさんたちに配ります。
仔猫用、成猫用、どちらも大歓迎です。

また、状態の悪い子たちの医療費、
駆虫代、ワクチン接種、ウイルス検査代、不妊手術代等の
ご支援をいただければ助かります。

【ゆうちょ銀行(ゆうちょ間送金)】
 記号番号  00120-4-607363    
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

【ゆうちょ銀行(他行からの送金)】
 支店名   〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
 口座種別 当座 
 口座番号 0607363     
 口座名義 ムサシノチイキネコノカイ

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

******

たくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
# by musashino-cat | 2017-01-15 18:20 | 保護・譲渡活動 | Comments(2)

2017年

あけましてあめでとうございます。
2017年も宜しくお願いいたしますm(__)m

今年最初の譲渡会が1/15にあります。
c0268274_09150783.jpg
今から春までの時期は子猫の数が減りますので、
メインは大人猫やシニア猫たちです。
c0268274_20381631.jpeg
ジン君、がんばろう。
c0268274_20312897.jpg
チロちゃん、がんばろう。

ほかにもたくさんの魅力的な猫たちが待っています。

保護猫の譲渡会は各地ですっかり定番となり、
猫を迎える際のひとつの選択肢として認知されるようになってきました。
譲渡数も(きっと)年々伸びていると思います。
ですがその多くは子猫だと思われます。
うちの会でも譲渡されていくほとんどは生後半年未満の子猫たちです。

でもでも。
大人猫、シニア猫にもすてきなご縁がありますように。




******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
Amazon以外でももちろんOKです。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2017-01-05 21:19 | 個人的なこと | Comments(0)

2016年さいごに。

2016年も終わります。

今年は本当にいろいろありましたが、
なんだかふり返る暇がありませんでした…。

昨日、はじめて岩合さんの写真展に行きました。
岩合さんの写真には1匹も地域猫がいなくて、
みな、外で自由にのびのび生きていました。
それを見ていると、
今までずっと心の奥に押し込めてきた気持ちがよみがえります。

同時に、
あのおばあちゃんが居なくなったらたくさんの猫たちは
次の日からどうやってご飯を食べていくんだろうとか、
写真展では無粋であろう職業病のような思いが頭を離れません。

自分でもどっちが良いのかはわかりません。
でも今はこの活動を続けるのがいちばん猫たちのためになると
その気持ちには迷いはありません。


ブログを見に来てくださっているみなさん、
ありがとうございました。

また来年もグダグダとどうでもいいようなことも書いていきますが、
どうぞよろしくお願いします。

来年もきっとまたたくさんの猫たちが目の前に現れると思います。


[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-31 12:08 | 個人的なこと | Comments(0)

メイくんの里親さん募集。

飼い主さんが亡くなって取り残された10歳のメイくん。
新しい家族を募集中です。
とーーーっても懐っこい良い子です。
c0268274_23051232.jpg
c0268274_23051340.jpg
c0268274_23051163.jpg



さて、今年ももうすぐ終わります。
クリスマスだろうが年末だろうが関係なく、猫事は日々いろいろ。

飼い主さんが亡くなったり入院したりで、取り残される猫たち。
餌場を失う地域猫たち。
なかなかご縁のなかった保護猫にお話しがあったり。
歳を取って、病気で、ボロボロで保護された子がするすると不思議な縁で新たな家族に出会ったり。

悲喜こもごも。

宇多田ヒカルさんも言ってます。
毎日ただ楽しいだけなら 愛なんて知らずに済んだのになぁ

ほんとにそう思います。


そんなわけで毎日だるくて仕方ないのはよろしくないので、歩き始めました。
先週末は深大寺まで歩いて眠っている子たちに手を合わせてきました。
平日は駅ひとつ分歩いて帰ってきたりしてます。
来年は体温を一度くらいあげることが目標です。
近場の温泉施設に行くことが最近の楽しみです。
うちの猫らやほかの子たちのためにも、健康でいなくちゃ。


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-27 23:09 | 会の活動全般 | Comments(0)

譲渡会の報告と、老猫ブーム。

今年最後の譲渡会。
c0268274_20311478.jpg
42匹が参加して8匹にお申し込みがありました。
支援物資も募金もたくさんいただきました。
ありがとうございます。

c0268274_20312897.jpg
チロちゃんは、残念ながらご縁がありませんでした。
チロちゃんは傷もすっかりよくなって、
摘出した目の部分に首の皮を移植したので、
その部分の毛の流れがまわりと違っていて、
とても愛らしくかわいかった。
チロちゃんがこの先ずっと一緒にいてくれる家族と出会えますように。
チロちゃんはずっと長い間ひとりで生きてきたのに人が好き。
猫は過去にとらわれずにこれからのことだけで生きていける動物だと思います。
だからチロちゃんにはこの先なにがあってもしあわせだ~って思ってほしい。

ジンくんにもご縁がありませんでした。
c0268274_20381631.jpeg
しかしながらジンくんは落ち着いていました。
ケージの中でずっと毛づくろい。大物です。

とにかくノラ猫が多くてどんどんTNRを進めないといけないときは、
みんな地域猫として外で生きてきてもらいました。
そうするしかなかった。
でも武蔵野市は今、ノラ猫の数が減っています。
そうすると、こういう子の処遇を考える余裕が出てくるのです。
医療費をなんとかひねり出すことができて、
(しかし代表に計画性がないのでとても不安)
ボランティア価格で治療してくださる獣医さんがいて、
保護してくれるボランティアさんがいてくれれば。
里親さんが見つからなくて、そのまま預かり宅で最期を迎える子もいます。

最近はネットをみていても、
地域猫が進んできているところでは、
歳をとった地域猫たちの老後をどうするか、
ということに対応してきているところが出てきました。
人間の高齢化と同じなんだなぁ、と思います。

老猫ブーム、こないかな。
すごくいいのに、老猫。



******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-20 20:52 | 保護・譲渡活動 | Comments(3)

毛皮のこと

わたし自信は洋服にはすっかり興味がありませんが、
お仕事の関係でファッション誌をよく見るのです。
そうすると今季は「ファー付」が流行りだとか。

うーん、これは、フェイクファー(人工の毛皮)だよね?
という期待を込めてみているのですが、お値段を見ると
どうも本物じゃないかな、と思うことが多い。

そういった矢先に、
毛皮を作るために犠牲になっている動物たちを助ける団体からメールをいただきました。
キャンペーンを開始した2005年から75%の減少を達成。
2014年~2015年は、毛皮付き衣料品は864,884頭分減少、毛皮素材(原型)は275,090頭分減少という結果を得ています。
それだけの動物の命が失われることを防ぐことができたということでもあります。
企業様にも情報提供をし理解を得ることにも尽力しており、昨年も複数の企業が賛同してくださり毛皮の取り扱いを廃止ししてくださいました。
今年、最後の嬉しいニュースは、私たちが関係機関とともに、ミンクの飼育状態を改善を求めていた日本最後の毛皮農場が(違法状態で経営を続けていました)、経営を終了することを決断し、日本から毛皮農場が無くなったというニュースです。
以前は世界有数の毛皮輸出国であった日本もこのように変化しています。
日本から毛皮農場がなくなった、といううれしいニュース。
この団体のスタッフさんが以前その農場にいったときには、
ミンクたちが飼育されているところには水もなくのどの渇きを訴えてきたそうです。

猫のことをやっていると
必然的に動物愛護や動物福祉の問題に関わらざるをえません。
日々そういう情報が入ってきますが本心では見たくないんです。
見たくないし知りたくないから、どうしても勉強不足になってしまいます。

毛皮のことや実験動物のこと、人間の食べ物になる動物たちのこと。
羽毛布団って、鳥の羽だけど、どうやって羽を仕入れているの?とか。

この快適であたたかいもの、安全なもの、
おいしいものがなくなるのは嫌かも、
そんなことで生きていくのは簡単だけど、
おそろしく傲慢なことだときちんと知っておかないといけない。

寒くなると外にいる猫のことが心配になるように、
このふわふわで素敵なファーはどこからきたのか、
夜のスーパーで山積みに残されているお肉のパック、
そのお肉にされる動物たちがどんな環境で生かされていたのか、
この安価なシャンプーが人間の目にしみないためにどれだけの動物の目に薬品が入れられたのか、
そういうことをひとりひとりが考えないといけないのだと。

わたしもお肉を食べるし、
動物実験の成果によってできた薬のお世話になっているし、
動物たちの犠牲の上に今の快適な生活をしています。

でも、本物のファーがついた洋服は買いません。
お肉の食べ放題とかも行きません。
化粧品もシャンプーも、できるだけ動物実験をしていない会社のものを使います。

食べ物や日用品は、生活のことがあるから一概には言えませんが、
本物のファーがついた洋服を買わないことは、できますよね?




******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-17 11:43 | 個人的なこと | Comments(0)

街頭募金の報告と、猫のいる生活のススメ。

この週末は寒かったですね。
でもやってきました、街頭募金。
c0268274_23085284.jpg
c0268274_23084488.jpg
今回はご支援いただくと同時に、
猫を飼うのなら保護猫を~というメッセージを伝えたかった。
でもやっぱり…
道沿いにあるペットショップから段ボールを持って出てくる人が何人かいました。
これからもコツコツと、伝えていきたいと思っています。

結果、74,507円の募金が集まりました。

寒さも本格的になり体調を崩す保護猫も増えています。
これからの時期に、TNRも進めないといけません。
みなさまからの気持ちは、ぜんぶきちんと、猫たちのために使います。


さて、次の日曜日は譲渡会です。
c0268274_23154888.jpg
今年最後の譲渡会です。
年末ご家族がお家にいられるときに
猫を迎える、というのはとてもいいですね。
寒い季節なので猫たちとの距離も近づきやすいです。

今の時期はかわいい盛りの仔猫はあまりいません。
でも、体がしっかりして性格もだいたい見えてくる時期の
生後半年くらいの子は飼いやすいと思います。
猫の魅力満載の大人猫もいいし、
穏やかで愛おしい老猫も、ものすごくいいです。

もうね、結局、どの子もいいんです。
ベタベタの子も、愛想のない子も、触れない子も、どの子も愛しい。

言うことを聞かないし
わがままだし
自分のタイミングでしか甘えてこないし
部屋中毛だらけになるし
服にも毛がびっしりつくし
ご飯を食べ散らかすし
トイレの失敗だってするし
旅行も外出もがまんしなくちゃだし
良い物を食べさせたいからお金もかかるし
病院にいくと結構なお金がかかるし

でも、猫たちはかならずあなたの生活に愛をもたらします。

あーなんて素敵な猫との暮らし!


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-12 23:48 | 会の活動全般 | Comments(0)

12/11(日)吉祥寺で街頭募金をします。

今度の日曜日、12/11に吉祥寺で街頭募金をします。
場所はコピス吉祥寺前で13~16時くらいまで。

今回の街頭募金では、伝えたいメッセージがあります。

猫を家族に迎えるなら、保護猫を。

以前ちょっとブログにも書きましたが、
最近、吉祥寺の街にペットショップができました。
吉祥寺のメイン通りに面していて、いつもたくさんの人がいます。

譲渡会では子猫の少なくなるこの時期でも、
猫も犬も、小さい子がたくさんいます。

わたしはお店の前をあまり通らないようになりました。

ペットショップで犬や猫を買う人が悪いとは言いません。
わたしだって昔は猫が見たくてペットショップにいきました。

大切なのはまず、知ることです。
そしてそのあとに、どんな行動をするか。

猫ブームも久しい今。
かわいい猫の映像を見て癒されたのなら、その次は、
大金を払って「家族」を買うことの違和感を感じてほしい。
お金を払ったらその場で穴の開いた段ボールに入れられ持ち帰ることのできる犬や猫。
それってほんとに“商品”扱いじゃないですか。
そのうち宅配業者が動物を運ぶんじゃないかと心配でなりませんよ。

ペットショップに置かれるために犬や猫たちがどんな目にあっているのか。
どんな環境なのか。どんな思いをしているのか。
そこまで想いを巡らせていただきたい。
それはとても酷なことだけれども。

ペットショップで売れ残っている子を
見ていられなくて買ってしまったという優しい人もいます。
お店という経済活動の中であっても、
そうして善意の人に頼っている部分もあるんですよね。
お店の側もそれを良しとして次の子を仕入れる。
何とも言い難い矛盾が感じられます。


街頭募金を行う場所から半径500m以内にペットショップが4軒もあります。
武蔵野市、とくに吉祥寺は猫のイメージが強く、ねこ祭りもあります。
わたしたちの活動も10年を迎え、ノラ猫さんの数も減ってきました。
地域猫も、少しずつ少しずつ、浸透しているはずと思っていました。

なのに、4軒も。
つぶれていく店もありますが、新しく開店するので減っていきません。
井の中の蛙だった…と感じます。(カエルさんごめん)

吉祥寺は人気の街です。
新しい人もたくさん入ってきて、
店はめまぐるしく変わっていきます。
ひさしぶりに歩くと何件かは店が変わっています。

そんな場所で訴えます。
家族を迎えるならどうか、保護猫を。
そしてできる限りの保護猫を受け入れるために、ご支援をお願いします。

c0268274_11215315.jpg
去年の同じ時期の街頭募金の様子
雨が降って寒かった…


******
Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
仔猫用パウチ、カリカリ、猫砂もたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
# by musashino-cat | 2016-12-03 11:23 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧