下見&チラシ配布

この日は師走らしく、この冬一番の寒さになりました。
とはいえ、平日は仕事で動けないので、チラシを配りに行くことに。
一緒に行ったOさんは、数日前から熱が下がらず、
午前中に点滴を打ってきたとのこと・・・。

お昼から降っていた雨もやみ、なんとか晴れてきました。
c0268274_1654961.jpg


まずは、以前見かけた「ポツン親子」を探しに。
c0268274_1626283.jpg
ポツン親子は、前回下見にきたときに見つけた、
お母さんと3カ月くらいの仔猫たちです。
今3か月ぐらいの仔猫たちはこの冬を乗り切れないのでは、
とわたしたちは思いました。
しかし、前回居た場所に、その親子はいませんでした。
近くの整備工場のおじさんに話を聞くと、
やはりいつも駐車場のあたりにいるとのこと。
しばらく粘りましたが、ポツン親子には会えずじまい。

とりあえずポツン親子はあきらめ、近隣にチラシを配り始めました。
c0268274_2120365.jpg

かじかむ手でチラシを100枚程配りました。
外にいた人にはボランティアで野良猫たちの手術をすることを伝えます。
みんな、「猫はたくさんいるよ」と言います。
・・・そうですよね・・・。

現場に戻ると、ワラワラと猫たちがでてきました。
c0268274_16135373.jpg
c0268274_16134617.jpg
ご飯がもらえると思ってみんな急かしてきます。
ここの子たちはいつ来ても、かなり飢えています。
準備している時間を待ちきれないようで、ひっかいてくる子もいます。
我れ先にとがっつく様子を見て、本当に切なく泣きそうになります。c0268274_16133926.jpg
c0268274_161431.jpg



手術をして仔猫が増えなくなったとしても、
この子たちはこの先もここで生きていくしかありません。
ちゃんとご飯を食べられる環境を作ってあげなければいけません。

ボランティア仲間の知り合いで、この近辺で餌やりをしている人が見つかりました。
その人に頼んでここにも来てもらうようにお願いしようと思っています。
しかし、これだけの数の猫たちに毎日餌をあげるのは
ひとりだけでは簡単なことではありません。
嵐の日も雪の日も、人間と同じように猫たちもお腹が空きます。
できるだけたくさんの人にお願いできれば、ひとりの負担は減ります。

そして餌をあげるだけで、後片付けもしないで帰る餌やりさんが多いため、
ご近所の方にとってみれば大変な迷惑になります。
そして猫が悪い、餌やりさんが悪い、ということになります。

きちんと後片付けをして、ついでに周辺の掃除もするなどの行動で、
猫も人間も、みんなが気持よく暮らしていけます。
そういうったアドバイスも、わたしたちはしていかなければいけません。
そのハードルは結構高いのですが・・・。


次に、「ギャーギャー仔猫」を探しに行きます。
ギャーギャー仔猫は、Oさんのお知り合いのSさん(会社がこの現場の近く)が
先週見かけたという、一匹でギャーギャー鳴いていた仔猫のことです。
しかし、ギャーギャー仔猫にも、この日は会えませんでした。

これからどんどん寒くなります。
仔猫たちがちゃんと暖を取れているのか、とても心配です。。。
風邪でもひいてしまったら、仔猫は冬を越すことができません。

切ない気持を抱えたまま、帰りました。
夜になって冷え込みが厳しくなるにつれ、心が痛みます。


それでも、できることをやるしかありません。

とりあえずわたしは今日の下見の情報を整理し、
有志を募り、このブログを書くことにしました。



つづく。
[PR]
# by musashino-cat | 2012-12-02 16:46 | TNR活動 | Comments(0)

収支報告 ※順次更新※

ここでは収支の報告をしていきます。
随時更新していきます。

12/9    Aさんより寄付       ¥5,000
12/9    Oさんより寄付       ¥5,000
12/10   Sさんご一家より寄付   ¥20,000
12/10   Kさんより寄付       ¥10,000
12/10   Sさんより寄付       ¥3,000
12/16   Tさんより寄付       ¥29,000
12/16   Iさんより寄付       ¥10,000
12/16   Iさんより寄付       ¥10,000
12/16   ご近所の方より寄付   ¥10,000
12/16   ご近所の方より寄付   ¥3,000
12/16   ご近所の方より寄付   ¥1,000
12/16   捕獲時諸経費     -¥7,150
12/16   Sさんより寄付       ¥15,000
12/16   ご近所の方より寄付   ¥4,000
12/17   Mさんより寄付      ¥10,000
12/17   Yさんより寄付       ¥10,000
12/23   K歯科様より寄付    ¥3,000

【12/18現在】 +¥140,850   ※医療費、預かり費など、各自立替により未払い
[PR]
# by musashino-cat | 2012-12-01 09:00 | Comments(0)

捕獲日決定!

捕獲する日を12月16日(日)に決定しました。

どんどん寒くなるので、
本当はもっと早くにやりたいのですが、
忙しい年末、この日しか時間がとれませんでした。

16日に向けて、準備を進めなければいけません。

・近隣住民へのお知らせチラシの制作&配布
・捕獲のお手伝いをしてくださる方を募集
・病院の確保、予約
・猫たちの搬送をしてくださる方を募集
・捕獲日当日、猫たちを一晩預かってくださる方を募集
・仔猫の預かりさんの募集
・捕獲器やケージなど必要なものの確保
・手術後の餌やりさんの募集

などなど、やることはたくさんあります。
毎日睡眠時間を削って準備にかかります。

どうか今だけは、風邪とかひきませんように・・・。
お願い、猫神様。



おまけ(親バカ企画)
日向ぼっこ中の我が家の長男坊。
c0268274_172731.jpg

[PR]
# by musashino-cat | 2012-11-30 16:53 | TNR活動 | Comments(0)

仔猫たち

この冬を越せそうにない仔猫を5匹、SさんとOさんが保護しました。
ふたりとも、こんないたいけな仔猫を見たら放っておけない人たち。
えいっと、保護しちゃいました・・・。

シャムMIXのしめじちゃん
c0268274_14382791.jpg
黒白のもみじちゃん、キジシロのえのきくん(右上)、
ぎんなんちゃん(左下)、シャムMIXのマロンくん
c0268274_14384578.jpg


この子たちは順次、里親さんを探して里子に出します。
その報告もここでしていこうと思っています。


子猫はまだいます。
でも、仔猫を保護するというのはとてつもなく大変なことです。
預かってくれるお宅を見つけ、
病気を持っていたら治療をし、
里親さんを探す。

みんな、仕事もあり家庭もあり、お金持ちでもありません。
自分たちが飼っている猫だっています。
全部の子を助けられるわけではないのです。

それでも、Oさんは保護できなかった仔猫を「見捨てた」と言って自分を責めます。
でも、それは全然違います。
全部の子を助けられるなんて、スーパーマンだってできやしません。

できることを、やるしかないのです。

わかった?Oさん。
[PR]
# by musashino-cat | 2012-11-25 14:38 | 保護した猫たち | Comments(0)

H地区の猫たち

2012年10月某日、
M市とM市の境に野良猫がたくさんいるよ、と連絡がはいりました。

前々からそんなうわさがあった場所。

まずは目撃情報があった場所に見に行ってみると、
いるわいるわ、おとな猫から仔猫まで10匹以上。
c0268274_1291377.jpg
c0268274_1292363.jpg
c0268274_1293620.jpg


どの子もみんな飢えています。
ご飯をあげると恐ろしいほどの勢いで食べます。
c0268274_1505528.jpg
c0268274_1504981.jpg



近隣のゴミ置き場のゴミも漁っているようでした。
通りがかりの猫好きな人たちが置いて行ったであろう
ゴミもたくさん捨てられていました。

猫がたくさんいる場所には、必ず餌をあげる人が現れます。

そういった餌やりさんたちの中には
後片付けもせずに餌やゴミを放置していく人がいます。

ご近所の方たちはとても迷惑されているでしょう。
そして、餌をあげるから猫が増えるんだ、と思います。
そして餌やりさんに文句を言ったり、
「餌やり禁止」の貼り紙が貼られたりします。

ところがひとりの餌やりさんを禁止しても、
また次の餌やりさんが現れます。
夜中にこっそりあげに来る人もいます。

猫たちはゴミ漁りもします。

みんなが猫を迷惑に思い、餌やりさんを迷惑に思い、
それでも猫は毎年毎シーズン仔猫を生みます。
そしてあっという間に増えていきます。

そして病気や飢え、事故などで仔猫たちがどんどん死んでいきます。
生き残った猫たちがまた仔猫を生み、その繰り返しです。

わたしたちはこの地区の猫たちのTNRをしようと決めました。




・・・・・・・・


飼い主のいない猫たちは、一見自由で幸せそうに見えるかもしれません。
でも彼らは毎日飢え、寒さや暑さに耐え、
カラスなどの天敵を恐れ、病気や事故の危険に晒され、
安心して眠ることもできません。
野良猫の寿命は平均して5年程度といわれています。
飼い猫は15年以上生きるので、その厳しさを物語っています。

自由に生きる猫を捕まえて、手術をして、子孫繁栄を絶つ。
ただの人間のエゴかもしれません。

それでもわたしたちは、飢えている猫、病気で死んでいく猫、
人間に嫌われいじめられる猫をこれ以上見たくないのです。
[PR]
# by musashino-cat | 2012-11-24 01:20 | TNR活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧