下見&チラシ配布

この日は師走らしく、この冬一番の寒さになりました。
とはいえ、平日は仕事で動けないので、チラシを配りに行くことに。
一緒に行ったOさんは、数日前から熱が下がらず、
午前中に点滴を打ってきたとのこと・・・。

お昼から降っていた雨もやみ、なんとか晴れてきました。
c0268274_1654961.jpg


まずは、以前見かけた「ポツン親子」を探しに。
c0268274_1626283.jpg
ポツン親子は、前回下見にきたときに見つけた、
お母さんと3カ月くらいの仔猫たちです。
今3か月ぐらいの仔猫たちはこの冬を乗り切れないのでは、
とわたしたちは思いました。
しかし、前回居た場所に、その親子はいませんでした。
近くの整備工場のおじさんに話を聞くと、
やはりいつも駐車場のあたりにいるとのこと。
しばらく粘りましたが、ポツン親子には会えずじまい。

とりあえずポツン親子はあきらめ、近隣にチラシを配り始めました。
c0268274_2120365.jpg

かじかむ手でチラシを100枚程配りました。
外にいた人にはボランティアで野良猫たちの手術をすることを伝えます。
みんな、「猫はたくさんいるよ」と言います。
・・・そうですよね・・・。

現場に戻ると、ワラワラと猫たちがでてきました。
c0268274_16135373.jpg
c0268274_16134617.jpg
ご飯がもらえると思ってみんな急かしてきます。
ここの子たちはいつ来ても、かなり飢えています。
準備している時間を待ちきれないようで、ひっかいてくる子もいます。
我れ先にとがっつく様子を見て、本当に切なく泣きそうになります。c0268274_16133926.jpg
c0268274_161431.jpg



手術をして仔猫が増えなくなったとしても、
この子たちはこの先もここで生きていくしかありません。
ちゃんとご飯を食べられる環境を作ってあげなければいけません。

ボランティア仲間の知り合いで、この近辺で餌やりをしている人が見つかりました。
その人に頼んでここにも来てもらうようにお願いしようと思っています。
しかし、これだけの数の猫たちに毎日餌をあげるのは
ひとりだけでは簡単なことではありません。
嵐の日も雪の日も、人間と同じように猫たちもお腹が空きます。
できるだけたくさんの人にお願いできれば、ひとりの負担は減ります。

そして餌をあげるだけで、後片付けもしないで帰る餌やりさんが多いため、
ご近所の方にとってみれば大変な迷惑になります。
そして猫が悪い、餌やりさんが悪い、ということになります。

きちんと後片付けをして、ついでに周辺の掃除もするなどの行動で、
猫も人間も、みんなが気持よく暮らしていけます。
そういうったアドバイスも、わたしたちはしていかなければいけません。
そのハードルは結構高いのですが・・・。


次に、「ギャーギャー仔猫」を探しに行きます。
ギャーギャー仔猫は、Oさんのお知り合いのSさん(会社がこの現場の近く)が
先週見かけたという、一匹でギャーギャー鳴いていた仔猫のことです。
しかし、ギャーギャー仔猫にも、この日は会えませんでした。

これからどんどん寒くなります。
仔猫たちがちゃんと暖を取れているのか、とても心配です。。。
風邪でもひいてしまったら、仔猫は冬を越すことができません。

切ない気持を抱えたまま、帰りました。
夜になって冷え込みが厳しくなるにつれ、心が痛みます。


それでも、できることをやるしかありません。

とりあえずわたしは今日の下見の情報を整理し、
有志を募り、このブログを書くことにしました。



つづく。
[PR]
by musashino-cat | 2012-12-02 16:46 | TNR活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30