年の瀬の街頭募金と、頼もしい高校生。

今日は吉祥寺で街頭募金をしてきました。
c0268274_22432056.jpg
北風が強くてとても寒くて、
声はガラガラ、腰が痛いし、手はかじかんで、
体の芯から冷えました~(^_^;)

でも、たくさんの人が募金をしてくださって、
がんばってください!、とか、
うちには24歳になる猫がいるんですよ~、とか、
いつも応援しています、とか声をかけてくださって(/_;)
本当にうれしかったです。

超・愛猫家の音楽家、近藤研二さんも募金に来てくれました!
近藤さんの猫愛がつまった「子猫のロンド」聞きながらブログ書いてますよ~

募金額はにゃんと91,798円になりました。
みなさま本当にありがとうございます!
全部猫たちのしあわせのために使わせていただきます。



で、その前の日には、都内の高校に通う子たちと会いました。
なんでも殺処分ゼロをめざすプロジェクトを立ち上げたいということで、
その中でも「地域猫活動」に着目して活動していきたいのでお話を、ということなんです。

おぉ!と思いました。
殺処分ゼロをかかげて活動している団体・人はたくさんいますが、
その方法として地域猫活動をあげる人はそんなに多くないように感じていました。

殺処分のほとんどは仔猫、その仔猫はおそらくノラ猫さんたちが生んだであろう、
という現状を考えると、殺処分を減らす一番効果的な方法は地域猫活動です。

シェルターを作って保健所や動愛センターに収容される子たちを救いだすこと、
待ったなしの命を救うこと、もちろん一番優先で大事なことです。
でも、同時に収容される仔猫たちを少なくしていくこともしていかなければいけません。
それが地域猫活動です。

ですが現状では、殺処分の現実以上に、
地域猫活動というものが周知されていません。
これをどうやって広めていくか、それが課題です。

高校生たちには、こういったことをお話しさせてもらいました。

そして、殺処分はされなくても、
過酷な環境の中で人知れず死んでいく命がたくさんあるという事実も。

それにしても、本当に、感心しました。
こんな子たちがいるのなら、未来は明るい。そう思いました。

若い世代の子というのは、とにかくみんな、動物が好きなんだそうです。
犬も猫も、大好き。
ただそこから、つらい現実を知ることができるか、
その解決に向けてなにかができるのか、ということが重要です。
まずは知ってもらうこと、これが大切だと思っています。

おばちゃんが偉そうに講釈を垂れても聞いてはもらえませんが、
同年代の子たちが発信するものなら、きっと心に響くでしょう。



******
チャリティーグッズを販売しています。
ポストカードや缶バッジの購入でご支援お願いします♪

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
地域猫や保護猫たちのご飯や日用品がたくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

少しでもたくさんの人にお外の猫たちのことを知ってもらうため、

ランキングに参加しています。ポチポチっとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


[PR]
by musashino-cat | 2015-12-27 23:28 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31