譲渡会のご報告と、ご支援の御礼。

日曜日の譲渡会は真冬のような寒さ、
でも、猫たち防寒してがんばりました。
37匹参加して9匹にお申し込みがありました。
c0268274_23190963.jpg
保護主さんたちは猫たちのケージに風除けを貼り、
ホッカイロを入れ、みんながとても大事にされていることがわかります。
c0268274_23191943.jpg

写真を撮り忘れましたが、支援物資も山ほどいただきました。
重くて大変なのにお持ちいただいて本当に感謝です。

募金箱にもたくさんの寄付をいつもありがとうございます。
今日はポチ袋にたくさんいれてくださった方がいました。
もしもこのブログを読んでいらしたらご連絡ください。
musashinocat@gmail.com
せめて御礼をお伝えしたいです。


今年の前半はとても大変でした。
子猫の保護も多かったし、
保護猫たちが感染症にかかったり骨折したりで
医療費が例年になくたくさんかかってしまい資金難に陥りました。
そのために預かりボラさんや通院ボラさんたちが一時立て替えていました。
なんでもかんでも引き受けてみんなに迷惑をかけて…
もう代表失格だわ、と感じていました。

でも、10月のむさしの猫のマルシェはひどい雨だったのに盛況で
去年よりも多くの売上が出て活動資金に充てることができました。
青空市のバザーもたくさん寄付をいただき、その分たくさん売れました。

毎回の譲渡会のチャリティーグッズ販売もとても好評です。
c0268274_23185199.jpg
物販コーナーには素敵なものがいっぱい並んでいます。
これは全部、販売のために制作したものではなく
猫たちのためになにかしたいという方たちの気持ちです。
「活動の足しになれば」と大変な金額を寄付してくださる方もいます。
みんなの猫のためにという想いがつながって今の活動ができています。

以前は「地域猫活動」といえば、猫のためではなく人のための活動という建前で
心底では猫のためにやっていることだけど、そのことはなるべく隠していました。
でもいつの間にかわたしは建前を言わなくて済むようになっていました。

最近わたしのところにくる相談のほとんどは、猫を助けたい人からのものです。
猫が好きな人はもちろん、とくに猫が好きじゃなくても
「目の前で困っている猫を見過ごせない、でもどうしていいのかわからない」
そんな優しい気持ちにはきちんと答えないといけないと思うのです。
目の前に困っている猫がいるのにどうしたらいいのかわからない、
その気持ち、痛いほどわかりますから。

もちろん全部には答えられませんし、
まだまだ問題は山盛りですが…。

捕獲する人、一時預かりをする人、通院する人、搬送する人、譲渡会をやる人、支援してくださる人。
その中には猫を助けるために相当な無理をしている人もたくさんいます。

わたしは窓口になっているだけですが
こういう人たちのチカラを合わせることで今の形ができあがっています。


本当にありがとうございます。

猫たちに代わって御礼申し上げます。




******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

ぽちぽちっと、応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

[PR]
by musashino-cat | 2017-11-21 09:58 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31