茶太郎の災難

土曜日のお昼に、
車の下に怪我をした猫がいますと通報があり
早速名人Nさんと見に行くと
辛そうにうずくまる茶トラ猫がいました。
c0268274_18503960.jpg
この写真でおわかりでしょうか。
左前足が根元からぶらさがっています。
走るときもひきずっていました。
根元が黒いのは脱糞してしまったようです。
そうとうこわい目にあったのでしょうか。

捕獲器やケージには絶対に入りません。
ネットで保護しようとしても、
こんなからだで必死に逃げます。
こちらも見失うわけにいかないので必死に追いかけました。
c0268274_19075832.jpg
c0268274_19075890.jpg
いろんなお宅に入れていただきました。
逃げ込んだら落っこちてしまうような場所、線路…。
もうね…必死でした。
なんとか無事に保護して治療しないと。

しかし土曜日は保護できませんでした。
協力してくださるお宅に捕獲器を設置しました。

翌朝、捕獲器にも、近所のどこにもいませんでした。
でもきっと近くにいるはず。
そう思って近所を一軒一軒訪ね歩きました。

ひどいけがをしている猫がいます。なんとか助けたいんです。
そうお願いするとみなさんお庭に入れてくれました。
心配ですね、見つかるといいですね。
わんこのお散歩をしている人も話を聞いてくれました。
きりがないのでチラシを作って貼りだし、ポスティングしました。

もう2日目、もうダメかもしれない…。
途方に暮れていた日曜の夜。
捕獲器をお借りした人から、その子を保護したという知らせが。
お外の子用のハウスに入っていたというのです。
夜でしたが病院に連れて行ってくださいました。

左前足は骨が見えていて根元から切断。
右前足は肉球の一部が腐っていて切らざるを得ない。

…やはりひどいケガでした。
右前足はなるべく残せるようにがんばってくださるそうですが…。
退院したら、その方がお家に入れてくださることになりました。

とにかく保護されたことに安心して、名人にすぐに電話しました。
その前に人間不信に陥りそうなことがふたつあって
落ち込んでいたので、本当にほっとしてうれしかった。

茶太郎と呼ばれていたこの子にとっては
本当につらい出来事でした。
茶太郎はまだ若いオス猫で、
近所では喧嘩っ早い子で有名だったそうです。

いつもいた場所からは少し離れた場所で
そんな事故にあってしまい、
命からがら自分のテリトリーに戻ってきました。
小さな猫が3本足で血を流しながら長い距離を移動するのは
どんなにか大変なことだったでしょうか。
茶太郎の生命力はすごいです。
足が3本になってもきっと大丈夫だよね。

とんでもない災難にあってしまった茶太郎。
これからの穏やかな暮らしを願うばかりです。





******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックして応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-02-26 21:22 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30