ヨゼフのこと。

保護猫ヨゼフを紹介します。

春ごろでしょうか、
Nさんがボロボロの猫を保護しました。
それがヨゼフ。
当時のことは詳しくは聞いていませんが、
とにかく痩せてボロボロだったそうです。
そういう子を捨て置けないNさんは咄嗟に保護。
口内炎歯肉炎がひどくボロボロだった歯を全抜歯したそうです。
見た目や歯の様子から
10歳は超えたシニアではないかと言われていました。

譲渡は難しいだろうと思われました。
Nさん→Yさん→Oさんと預かり先を転々とし、
Wさんのお宅へ引き取られました。
そのときの写真がこちら。
c0268274_00312010.jpg
やさぐれています…。
いろいろ痛かったのでしょう。

ヨゼフはひどい鼻炎もちでいつも緑色の鼻水を垂らし、
四六時中くしゃみを飛ばしていました。
食欲も不安定で食べても太ることができません。
c0268274_00312048.jpg
保護後しばらくして血液検査をしました。
エイズキャリアであることがわかりました。
しかしそのほかの数値にはとくに異常なものはありません。

c0268274_00311924.jpg
本来甘えん坊の性格だったようで、
Wさんのお家ではひとりっこ生活を満喫していました。
c0268274_00312007.jpg
c0268274_00312089.jpg
7月のある日、Wさんからヨゼフの調子が悪いとの連絡が。
大量の血の混じったようなよだれをたらし、
食欲もなく歯茎は真っ青。

このままではいけないと
ふく動物病院で診ていただくことにしました。

S先生に早速診ていただくと初見で
「抜歯のあとに歯の根っこが残っているようです
 これが原因で痛みが出ている可能性があります」
と言われました。

歯のレントゲンを撮りたかったのですが
ちょうど機械がこわれていたので断念。

歯の根っこを取るには手術が必要で、
その前に状態をあげてあげる必要がありました。

ひどい鼻炎や口内炎の改善にと
アジスロマイシンという抗生剤を試してみることになりました。

するとこのお薬が効果てきめん!
食欲も出て、とても調子が良くなりました。
c0268274_00312090.jpg
「しあわせだにゃん♪」
と言っているみたいです、とWさん。

どんどんお肉もついてきて
1か月後の検査では、
人間でいうところの5キロも太っていました。

状態があがってきたので手術に向けて
先週末に術前検査をしました。
結果は、手術には問題ないものでした。

まだ鼻水は出ていたので、
レントゲン撮影と手術に向けてさらに状態をあげます。
アジスロマイシンをさらに2週間投薬することに。

この調子でいければ、
2週間後に歯のレントゲン検査と、
根っこを取る手術をする予定です。

シニアであろうヨゼフにとって
全身麻酔の手術は負担がかかります。
でも、ヨゼフの今後を考え、
QOLをあげてあげたいと思っています。
歯の根っこが残っていることで
今後口腔内の痛みや鼻腔の不調などが出てしまうのなら
元気な今のうちに取り除いてあげたいと。

シニアでエイズキャリア、でも甘えっこのヨゼフ。

手術を終えたら里親さまを募集いたします!



******

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
 ↓こちらのバナーをクリックしてから購入していただくと会に届きます。


★楽天のお買い物でご支援いただけますと助かります!
以下のバナーからお買い物をしていただくと、「購入額×05%~」が支援金として届きます。
↓お買い物はこちらから 回数制限なし。購入のたびにクリックするだけ!



クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-09-05 17:52 | 保護・譲渡活動 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31