カテゴリ:会の活動全般( 105 )

武蔵野市議会の傍聴と、関係各所への挨拶回り。

先日、武蔵野市議会本会議の傍聴に行ってきました。

武蔵野市では初めて?ペット問題や動物愛護に関する一般質問がされるからです。
こんな活動をしていなければ行くことなどなかった場所です。

山本ひとみ議員の質問内容はこちら。
======================
3.人と動物の共生できるまちづくりについて
======================
 こんにち、武蔵野市でもかけがえのない家族としてペットとの暮らしを楽しむ世帯が増えているが、高齢化や単身世帯の増加に伴い、病院に入院したり介護施設に入所するなどで、飼い主が突然いなくなった猫が、野良猫になるなどの課題も指摘されている。人と動物が共生できるまち、ペットを飼っている世帯と飼っていない世帯とのよりよい関係づくりのために、以下質問する。
(1)市内でのペット(可能なら、犬・猫など種類別に)の飼育頭数はどのような状況か。
猫の場合は、登録がないため実数の把握は困難と思うが、推定数は示せられないか。
(2)動物愛護に関する啓発に関して
①ペットの飼い方に関する啓発はどのような状況か。
②不妊去勢手術の勧め・飼えなくなった場合の対応の仕方など、猫の飼い方に関するセミナーを実施できないか。
(3)飼い主のいない猫を減らす取り組みについて
①殺処分の頭数と過去10年間の推移、処分された理由の内訳を伺う。
 東京都の動物愛護相談センターとの連携はどのような状況か。
②飼い主が、病院や施設に入所したり、転居したり、死亡するなどの場合、飼い猫が野良猫になる例が見受けられる。
 こうしたことを少しでも減らすために、福祉分野との連携が必要であると思う。具体的には、訪問看護師・ヘルパー・ケアマネージャー等がペットの存在を把握し、利用者やご家族と事前に対応を話し合っておくことなど、検討できないか。
(4)人と動物の共生できるまちづくりのために
①飼い主のいない猫が一時避難できるシェルターについて、公的な運営は困難と思うが、何らかの支援を検討できないか。
②公的な集合住宅でのペットを飼いたい住民に関して、ニーズ調査や新たなルール作りなどを検討できないか。
 例えば、入居に際し、一定の負担をしていただき、何戸かを飼育可能住宅にすることなどが考えられる。
 都営住宅については、東京都とも協議をしていただきたいが、いかがか。

答弁については後日議事録が出たら報告しますが、
その中には「むさしの地域猫の会」という単語が何度か出てきました。



帰りに担当部署である環境政策課に顔を出し
(普段は会社なので市役所に用事があるときしか行けないので)
軽く立ち話程度に情報共有してきました。

子猫シーズンですけど猫相談はきますか?
猫相談はほとんどないです。
くれば全部猫の会さんに相談してもらってます。

むしろ多いのは犬の苦情だそうです。
鳴き声のトラブルなどですって。

よしよしと手ごたえを感じ、
次に武蔵野警察署に。

毎年この時期に挨拶に行くのは、
4月で担当者が代わってしまった場合に名刺を渡したいのと
この1年の情報を知りたいから。

去年と同じご担当でした。
猫の相談がありましたか?と伺うと
去年と同じ答え。
うちから動物愛護相談センターに行った猫はゼロです。

猫の案件はあるそうなのでどんな内容か聞いたところ…
猫を拾った人がその子を飼いたいのだけど、
飼い主がいるかもしれないからいったん拾得物として届け、
期間を過ぎたら引き取ります、というもの。
そのときは結局飼い主は現れず(たぶんノラちゃんだったのでは?)
そのまま家族に迎えてもらったようです。

改めて猫のことがあればどんなことでも連絡をくださいと伝えて
安堵に胸をなでおろしながら帰宅しました。


市役所、警察との関係性は今年も良好です。
これをずっと続けていきたいと思っています。


******

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。
※ご注意ください※
Amazonの名を語った詐欺などがあるようですので十分にご注意くださいますようお願いいたします。
とくに電話やショートメールでの連絡には要注意のようです。こちらもご覧ください。

★楽天のお買い物でご支援いただけます
以下のボタンをクリックしてお買い物をしていただくと、「購入額×05%~」が支援金として届きます。
↓お買い物はこちらから 回数制限なし。購入のたびにクリックするだけ!



クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-06-14 10:00 | 会の活動全般 | Comments(0)

日々あれこれ。

日々やってくる猫の困りごと相談。
仕事をしながら電話を受けているので頭の切り替えが大変です。
でもそういうとき作業効率はむしろ上がります。
やるべきことはしっかりやらないとクビになりますからね~。

もちろん子猫の相談もありますが、
それ以上に大人猫さんの相談も多いです。

切ないこともありました。
3年前に不妊手術をした地域猫のちびちゃん。
お外に段ボールハウスを作って
ずっと面倒を見ていた人がいなくなってしまい、
怪我をして弱っていると。
ようやく保護したのですが、白血病キャリアでした。
戻すのはかわいそうなので、預かりさんのお宅で治療を続けます。
白血病の治療ももしかしたら実現できるかもしれません。

ほかにも
お庭にきている猫を家に迎え入れたいがどう準備したらいいのか
お庭から保護して最近ようやく馴れてきた子が脱走してしまった
飼い主が危篤になり殺処分されてしまう運命の10歳の子を助けたい
などなど。
市内からも市外からもいろんな相談がきます。
ご自身でなんとかしたいという方も多くて本当に助かります。
そういう方にはこちらもよろこんでサポートします。

そしてわたしは、あることに首を突っ込んでしまい、
眠れない夜を過ごしています137.png


真夏日だった今日は親子猫5匹の不妊手術やらワクチンやらで
搬送と通院の1日でした。9時間、車と病院。
暑かったけどがんばったね、みんな。
c0268274_20044706.jpg
c0268274_20044666.jpg
c0268274_20044611.jpg
あ、ママと子ども1匹だけ写真がない…ごめんね。


そして名人は朝と夜に子猫5匹&ママを捕獲にいき、
その間にお口が痛くて食べられなくなった地域猫を捕獲してました。
体力がすごい…。

お口が痛い子は抜歯になると思います。
外暮らしの子はかなりの確率で歯が痛くて食べられなくなります。
それで弱ってしまう前に体力のあるうちに抜歯します。



******

★「Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

★楽天のお買い物でご支援いただけます
以下のボタンをクリックしてお買い物をしていただくと、「購入額×05%~」が支援金として届きます。
↓お買い物はこちらから 回数制限なし。購入のたびにクリックするだけ!



クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-06-09 20:06 | 会の活動全般 | Comments(0)

どこに相談していいのか?

今週はこんな相談もありました。

会社に弱った猫が迷い込んで助けてあげたいです。
どうも、ご近所で少し前に亡くなった方の飼い猫さんで、
お部屋の片づけのときに出されてしまったのでは?と。
c0268274_16185113.jpg
ひどい風邪をひいているようです。
しばらくご飯も食べられなかったのでしょうか?
保護時体重は1.5キロしかなかったそうです。

遠方の相談でしたのでどうにもできず、
地域のボランティアさんを調べてご相談しました。
そうしたら快く引き受けてくださり、
その日のうちに様子を見に行っていただき
翌日には無事保護、病院に連れて行ってくださいました。
おとなしくて優しい子だそうです。
まずは元気になって、これからずっとしあわせになれますように。


相談者さんはいろいろ調べて行政に連絡しましたが
動物愛護センターに連絡してと回され、
センターでは1週間経ったら処分ですと言われ困ってしまったそうです。
センターも目の前の猫を助けたいという優しさからの相談には
もう少し優しさのある返答があるといいのになぁ、と思ったり…。

そのことを地域のボランティアさんに伝えると
ちゃんと担当部署に伝わっていればうちに相談がくるはずとのこと。

なるほど。
こういことって、あるなと思いました。

猫のことで困って行政に相談する。
でも、部署はどこなんだろう?
きちんと担当部署に連絡が取れれば
地域のボランティアに相談できるとしても
それもままならない。

武蔵野市は担当部署は「環境部 環境政策課」ですが、
普通、猫=環境、とはあまりならないですね?

今でこそ、動物に関することは「環境省」が管轄とわかりますが
この活動をするまではそんなこと知りませんでした。

いつまでも担当を
環境部とか衛生ナントカ部にするんじゃなくて
動物愛護部とか動物福祉部とか(知識がないので浮かばない…)
そういうわかりやすい名前が必要!と思います。

あとは役所内での周知も必要ですね。
よく言われますが役所は縦割りなので
担当以外の相談がきた場合はよく調べないで返答するのかもしれません。

とはいえ地元武蔵野市でも環境政策課ですし、
猫の相談が減っていることもあって
猫担当の職員さんの数が少なくなってしまったくらいです137.png

こうなったらいっそ、
うちの会の事務局、市役所の中に作ってくれないかなぁ?
多少のお給料がもらえれば必死に働くのになぁ。


******

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

★楽天のお買い物でご支援いただけます
以下のボタンをクリックしてお買い物をしていただくと、「購入額×05%~」が支援金として届きます。
↓お買い物はこちらから 回数制限なし。購入のたびにクリックするだけ!



クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-05-20 10:00 | 会の活動全般 | Comments(0)

子猫を保護しました。

今週も相談がいろいろ来ました。
まずは今週保護した子たち。

散歩中に胎盤のついた子猫を拾ってしまった方のご相談。
その方はがんばって馴れない哺乳を1週間続けましたが、
お仕事をしながらなのでもう限界です、と。
c0268274_14291555.jpg
サビ柄の仔猫さん、タヌコちゃん。
Aさんに託しました。

初乳も飲めていない可能性があるので
ちゃんと育ってくれるかドキドキです。


お次はこちらの子。
c0268274_14164348.jpg
めちゃくちゃカワイ子ちゃんですが、
c0268274_14174734.jpg
片方のお目目が良くありません。
見えていないか、曇りガラスのように見えているか。

預かりさんのお宅やSNSではもう、かわいいかわいいの嵐です。
コメントに「ギネス認定してもいいほどかわいい」
というコメントがあって思わず笑ってしましまいた。
その写真がこちら!
c0268274_16345502.jpg
こんなに愛くるしい子猫が一歩違えば殺処分。
まだまだ厳しい世の中ですねぇ。


さて明日の日曜日は譲渡会です。
この子猫たちはまだチビなので出ません。
c0268274_23501792.jpg


******

Amazonのほしいものリストからご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

★楽天のお買い物でご支援いただけます
以下のボタンをクリックしてお買い物をしていただくと、「購入額×05%~」が支援金として届きます。
↓お買い物はこちらから 回数制限なし。購入のたびにクリックするだけ!



クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-05-19 21:16 | 会の活動全般 | Comments(0)

それが一番いい。

ここ数日で、
面倒を見ている地域猫さんをお家に入れたい
というご相談が2件続きました。

怪我をしているから、
ご飯をあまり食べなくなったから、
などの理由です。

ケージも用意していて
まずは病院に連れて行きたいとのこと。

そういうご相談はとてもうれしいので
嬉々として名人を紹介します。(自分ではやらない119.png

それが一番いいです。

お外で暮らす猫たちにはご飯をもらっているお家があります。
飼い猫ではなくても、
毎日顔を合わせて挨拶してご飯をもらって。

もちろん事情があって家に入れられないこともあるし
若い時には外を自由に走り回りたいのかもしれません。

でもこの子も年をとったし、お家に入れたいと思います。
そういうご相談が結構あります。

しばらくすると我が物顔で暮らしていますよ、というご報告も。

子猫もそうですね。
先月保護されたこの子たち。
c0268274_15435463.jpg
最初に発見して預かりをしていた方が
お家に迎えてくださることになりました。

それが一番いいです。

お外で暮らす猫に心を寄せる人たちが
頼ってきてくれる猫を家族にする。

それが一番です。

お外で暮らすどの子にも
大切に思ってくれる人がいる。

そういう世の中がいいなと思います。




公園で暮らす85匹の猫たちを大切に思う人たちがいます。
医療費のこともそうですが
これからずっとこの子たちのお世話をしていくことが
どれほど大変で先の見えないことかを考えるとくらくらします。
どうかたくさんの人たちが参加してくれますように。
たくさんの人たちがこの子たちを想ってくれますように。




******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-04-25 23:26 | 会の活動全般 | Comments(2)

4/21(土)井の頭公園で譲渡会です。

4月に入ってからも
なんやかんや相談は途切れないんですが、
ほとんどが活動地域外からのものです。

子猫の相談がくるのは例年GW明けですが、
今年は少なくなっているといいなぁと思います。

先週末は隣接地域から
子猫が生まれてしまった相談がきました。

ご高齢のお一人暮らしのお庭で子猫4匹。
相談者さんがしばらく預かってくださることになりました。
ママにお乳をあげてもらって子猫たちは順調に育っています。
c0268274_15505103.jpg
c0268274_15505188.jpg

さて、このちびっこたちの里親募集はまだ先ですが、
今週の土曜日には井の頭公園で譲渡会があります。

c0268274_22541491.jpg
今回初めて土曜日の開催です。
天気予報では夏日の予報。
猫たち暑いかも…保冷材が必要かな。

今後、井の頭公園での譲渡会はなくしていく方向で動いています。
天気や日差しや気温に左右されやすく
人が多すぎて猫たちにも負担がかかっているのが気になっていました。

啓発活動という点ではよいのですが、
譲渡会では猫たちのことを第一に考えていきたいと思っております。

ということで最後になるかもしれない井の頭公園の譲渡会。
新緑の美しい季節、ぜひ遊びにいらしてください♪


******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-04-18 16:21 | 会の活動全般 | Comments(0)

地域猫活動のその先。

年度替わりでバタバタしております134.png

昨年度の活動の総括と報告
武蔵野市の補助金の申請
会員総会の準備
などなど、事務仕事山盛りです。
仕事の方も忙しい時期。

加えてそろそろ子猫相談もやってきます。
これからやってくる乳飲み子の相談は
時間との戦いですから何時も気が抜けません。

さてそんななか、武蔵野市長に挨拶にいきました。
c0268274_23273408.jpg
わたしたちの武蔵野市は昨年、市長が変わりました。
松下玲子市長。初の女性市長です。

市長はお忙しく15分だけでしたが
会の活動のことやその成果などをお話ししました。

以前の市長は猫問題や動物愛護にはあまり熱心ではありませんでしたから、
(こんなことを書いたら怒られるかしら?)
松下市長にはぜひ、人にも動物にもやさしい街を目指していただきたいと思います。

武蔵野市はいまでは猫問題にそれほど困らなくなっています。
ノラ猫が増えて困っているという場所は
わたしの知る限りではありません。
広い市内にはあるかもしれませんが…。

そうすると、地域猫活動といえども
TNRメインの活動から変化していきます。
子猫が居ればすべて保護して譲渡、
捨て猫らしき子や弱っている子も可能な限り保護。
そういう子は譲渡にも時間がかかり
(もしくは譲渡できない)
医療費もかさみます。

最近では、協力獣医さんや無料チケットなどがあり
不妊去勢手術にはそれほどお金がかからなくなりました。
その分を保護猫の医療費などに充てていますが
その金額はかなりになります。

TNRの頭数はどんどん少なくなっていますが
年間収支はどんどん増えています。

このままいくといったいどうなるんだろう?

今後、地域猫たちが年を取り、
それを心配する人たちからの相談が増えるでしょう。
怪我をしていてどうしましょう
具合が悪そうですがどうしましょう
放っておくわけにはいかないし、
会員さんもサポーターさんも
その子たちをなんとか助けたいと思っています。

地域猫活動のその先には
いったいどんなものが待っているのか?

ボランティアが担っていけるものなのか?

殺処分ゼロという言葉が飛び交う今の世の中。
「困っている猫を助けたい」
という想いがネットを通じて世界中に広がります。

行く先を考えるとプレッシャーに押し潰されそうになります。

そんなときには初心に戻ります。
全部を助けることはできない、
でも、
せめて目の前にいる子は助けたい。

猫も人もしあわせに暮らしていける日がくるまで
継続可能な活動にしていかねばと思っています。
たとえそんな日が来なかったとしても。

猫を愛するたくさんの人たちの協力なくしてはできません。
今年度もどうか、よろしくお願いいたします。


******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-04-04 14:06 | 会の活動全般 | Comments(0)

市役所との打ち合わせ

年度末ですね。
市役所で環境政策課と打ち合わせをしてきました。
c0268274_16095286.jpg

まず、今年度、環境政策課に寄せられた相談・苦情を見せていただきました。
件数としては24件。

弱った猫を見つけたという相談 5件
ノラ猫・地域猫の糞尿・鳴き声などの苦情 5件
飼い猫の脱走 5件
子猫の相談 4件
餌やりの苦情 2件
その他 3件

このうちの半分は、むさしの地域猫の会に即座に回してもらっていました。
とくに子猫の相談は1分1秒を争うのですぐに電話をくださいとお願しています。

弱った猫の相談もほぼ回してもらいました。
保護⇒病院の流れで対応し、助かった子もいます。
ありがたいことに、相談者さんが治療費を負担してくださることもありました。

迷子猫の相談についてはお知らせがなかったので
今後は回していただくようにしました。
会には日々、迷子猫の情報が寄せられますし、
猫が脱走した場合のアドバイスやお手伝いもできます。
市内の猫の情報をよーく知っている会員さん餌やりさんもたくさん知っています。
ボランティアの情報網で見つかる場合も多いです。

地域猫や餌やりへの苦情などもこちらで解決できることも多いです。

結局、すべて情報は共有していただくことにしました。
24件まで減ったのでできるようになったわけです。

とはいえ会へ直接来る相談はその5倍以上ありますし
保護した猫は今年度87匹…(なぜ)
病気やけがの子もいていつもパンパンです。。。
それは市内も市外も含めてなので、
市内のことであれば本当に少なくなったんです。
その分、ほかのことに首を突っ込んでしまうんですね105.png


猫の管轄である環境政策課には
日々様々な相談事や苦情が寄せられ
猫に関することは全体の5%ほどだそうです。

そのため、猫担当の職員がひとり少なくなってしまったそうです。

トラブルが減ったのは良いことですが、
なくなったらやめてしまうのかしら…ムムと思いましたが、
そもそも、猫トラブルがなくなって
この活動をしなくて済むようになるのが目標です。
うれしいことなのかしら?


今後、むさしの地域猫の会としては
地域猫活動としてのTNRや保護譲渡を継続して
飼い主のいない猫が増えないよう管理しつつ、
猫の飼い方勉強会や動物愛護に関する啓発活動を行っていきたいと思っています。

ニュースやSNSで頻繁に見かける
多頭飼育崩壊や高齢者のペット問題なども今後の課題になるだろうと思い、
帰りに担当部署にも一応名刺をお渡ししてきました。
正直今の体制では受け入れは難しいですが一応。


とにもかくにも、
飼い猫も飼い主さんも、
飼い主のいない猫もその子たちを見守る人も、
みんなが幸せに暮らせますように。



******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-03-13 16:28 | 会の活動全般 | Comments(0)

地域の問題に関わってこその地域猫活動、でも…

本日の相談。

1件目。

高齢の女性が認知症になってしまい、
飼い猫のお世話ができなくなってしまった。
ご近所の方が見かねて介入し、
猫たちは里親さんを見つけましたが、
飼い主さんがペットロスになりました。
さみしくて仕方ない。

なにか、その方にとっても、猫にとっても
良い方法がないか、というご相談でした。

一時預かりなどをお願いできるといいのですが、
なにしろお世話ができないのでそれも正直難しい…。
ないか良い方法がないかなぁと模索しています。

高齢者のペット問題は近年増加しています。
泣く泣く飼い猫を手放さざるをえなかったり
緊急入院や急死で飼い猫が置き去り、外に出されてしまうなど。
わかっているだけでも結構ありますが、
耳に入らないものの方が圧倒的に多いと思います。

猫の問題は、人の問題。
行政、民間企業、住民、ボランティアの協働でなんとかうまくやっていけないものか。
一律でルールを決めて解決できるものではないので
地域地域でひとつひとつ、取り組んでいくしかないんでしょう。



2件目。

ご近所が餌やりをしている地域猫が
お庭でトイレをしてもう我慢の限界、というもの。
最近は減ってきたように思いますが、
この問題は多くて、解決が難しいです。

ガーデンバリアもした
お庭に網も貼った
猫がきらいな液体などもまいた
そのお宅にも何度も苦情を言って
役所や動愛センター、警察にも相談した
餌やりのお宅も小さな猫トイレを作った
でも変わらない
ご近所づきあいも険悪になり
精神的にもう限界…。

とてもよくわかります。
猫の糞尿のにおいは強烈ですから
毎日毎日お庭にされたらすごいにおいでしょう。

そこは吉祥寺でも人気のエリアで
ご近所同士が密集しています。

今回は猫が悪者になっているわけではなく
餌やり家庭への不満です。
でも、そのせいで猫だけでなく動物全般きらいになってしまったとか。

その方は介護生活でご苦労されていて
精神的にいっぱいいっぱいのようでした。

市役所の職員も何度か注意に行ったそうですが
餌やり家庭の方も、まったく無視しているわけではなく、
小さいながらトイレを置いたり一応の対応はしているようです。
おそらく、その方の話を聞くとまた違った一面が出てくるでしょう。



そもそも「地域猫」というのは最初のマニュアルでは
「地域の合意」が必要でした。

でも実際はご近所みなさんが了解してくださる場所は少ないです。
とくに猫が多いエリアだと
普通に良い人であっても糞尿などの被害にあい
地域猫を受け入れられないという方が多くなります。

かといって全員の合意が得られるまで待っていたら
どんどん猫が増えてますます状況が悪くなるので
とりあえずは不妊去勢手術をする、ということがほとんどでしょう。
(そうでなかったらすみません)


わたしなんかはただの猫好きなので、
そのくらい見逃してほしいなぁ、と思いますが、
それを他の人にも強要することはできません。

本当に難しいなぁと思います。


この活動には付き物ですが、
だれかの怒りの感情を受け入れていくのはしんどい142.png



******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-02-28 17:19 | 会の活動全般 | Comments(4)

茶太郎の災難

土曜日のお昼に、
車の下に怪我をした猫がいますと通報があり
早速名人Nさんと見に行くと
辛そうにうずくまる茶トラ猫がいました。
c0268274_18503960.jpg
この写真でおわかりでしょうか。
左前足が根元からぶらさがっています。
走るときもひきずっていました。
根元が黒いのは脱糞してしまったようです。
そうとうこわい目にあったのでしょうか。

捕獲器やケージには絶対に入りません。
ネットで保護しようとしても、
こんなからだで必死に逃げます。
こちらも見失うわけにいかないので必死に追いかけました。
c0268274_19075832.jpg
c0268274_19075890.jpg
いろんなお宅に入れていただきました。
逃げ込んだら落っこちてしまうような場所、線路…。
もうね…必死でした。
なんとか無事に保護して治療しないと。

しかし土曜日は保護できませんでした。
協力してくださるお宅に捕獲器を設置しました。

翌朝、捕獲器にも、近所のどこにもいませんでした。
でもきっと近くにいるはず。
そう思って近所を一軒一軒訪ね歩きました。

ひどいけがをしている猫がいます。なんとか助けたいんです。
そうお願いするとみなさんお庭に入れてくれました。
心配ですね、見つかるといいですね。
わんこのお散歩をしている人も話を聞いてくれました。
きりがないのでチラシを作って貼りだし、ポスティングしました。

もう2日目、もうダメかもしれない…。
途方に暮れていた日曜の夜。
捕獲器をお借りした人から、その子を保護したという知らせが。
お外の子用のハウスに入っていたというのです。
夜でしたが病院に連れて行ってくださいました。

左前足は骨が見えていて根元から切断。
右前足は肉球の一部が腐っていて切らざるを得ない。

…やはりひどいケガでした。
右前足はなるべく残せるようにがんばってくださるそうですが…。
退院したら、その方がお家に入れてくださることになりました。

とにかく保護されたことに安心して、名人にすぐに電話しました。
その前に人間不信に陥りそうなことがふたつあって
落ち込んでいたので、本当にほっとしてうれしかった。

茶太郎と呼ばれていたこの子にとっては
本当につらい出来事でした。
茶太郎はまだ若いオス猫で、
近所では喧嘩っ早い子で有名だったそうです。

いつもいた場所からは少し離れた場所で
そんな事故にあってしまい、
命からがら自分のテリトリーに戻ってきました。
小さな猫が3本足で血を流しながら長い距離を移動するのは
どんなにか大変なことだったでしょうか。
茶太郎の生命力はすごいです。
足が3本になってもきっと大丈夫だよね。

とんでもない災難にあってしまった茶太郎。
これからの穏やかな暮らしを願うばかりです。





******

Amazonのほしいものリスト】からご支援いただけますと助かります!
現在必要なものです。↑こちらから購入していただくと会に届きます。
ご飯、猫砂など、たくさん必要です。ご支援よろしくお願いします。

クリックして応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

[PR]
by musashino-cat | 2018-02-26 21:22 | 会の活動全般 | Comments(0)

むさしの地域猫の会会員の、地域猫活動日記。日々勉強。


by ねこむら
プロフィールを見る
画像一覧